間光延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『義士四十七図 間喜兵衛光延』(尾形月耕画)

間 光延(はざま みつのぶ、寛永12年(1635年)-元禄16年2月4日1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士赤穂浪士四十七士の一人。通称喜兵衛

生涯[編集]

寛永12年(1635年)、誕生。子に長男・間光興、次男(妾腹)に間光風がいる。

赤穂藩では勝手方吟味役(100石)として仕えた。また、武芸は父より天流剣術を学び、諸流の剣術流派の系譜をまとめた『剣術系図』を著わしている。

元禄14年(1701年3月14日、主君の浅野長矩江戸城松之大廊下吉良義央に刃傷に及んで切腹、赤穂藩は改易と決まった。このとき光延は赤穂におり、長男・光興とともに大石良雄の義盟に加わった。また、次男の光風は故あって江戸へ出奔していたが、後に義盟に加わった。元禄15年(1702年10月原元辰らとともに江戸へ下り、杣庄喜斎と変名して光興、光風とともに新麹町の借家に潜伏する。

同年12月14日吉良邸討ち入りでは、裏門隊に属して吉田兼亮小野寺秀和とともに大石良金の後見にあたる。この際、に「都鳥いざ言とはん武士の恥ある世とは知るや知らずや」と書いた短冊を付けていたという。また、老齢ながら敵のひとりを槍で倒している。

討ち入り後は細川綱利屋敷にお預けの身となる。細川家の接判役の堀内重勝の覚書によれば、光延は物堅い性格で皆と話もせず、いつも黙って座っていたという。

元禄16年(1703年)2月3日、江戸幕府の命により切腹。享年69。戒名は刃泉如劔信士。

関連項目[編集]