奥田行高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『義士四十七図 奥田貞右衛門行高』(尾形月耕画)

奥田 行高(おくだ ゆきたか、延宝6年(1678年) - 元禄16年2月4日1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士赤穂浪士四十七士の一人。通称は貞右衛門(さだえもん)。

生涯[編集]

延宝6年(1678年)に赤穂藩浅野家家臣の近松行生の五男として誕生。母は徳島藩蜂須賀家家臣の仁尾官右衛門の娘・かめ。異父兄に近松行重がいる。元禄7年(1694年)、奥田重盛の婿養子に入った。家督前の部屋住みとして過ごした。

元禄14年(1701年)3月14日、主君・浅野長矩吉良義央に刃傷に及んだ際には江戸にあり、4月に養父・重盛が堀部武庸らとともに国許の赤穂に向かった後も行高は江戸の深川八幡町にあり、この頃に奥田清十郎を儲けた。その後は父とともに行動し、深川黒江町に住んだ。変名は西村丹下。

吉良邸討ち入りの際には裏門隊に属した。本懐後、水野忠之の屋敷にお預かりとなり、同家家臣横山笹右衛門の介錯で切腹した。享年26。主君浅野長矩と同じ江戸の高輪泉岳寺に葬られた。法名は刃秋跳剣信士。

行高は、遺児である清十郎を気遣い、自分の死後、その脇差を売ってかまわないと言い残している。清十郎は、のちに親戚の仁尾家に養子に入り、その家督を継いで徳島藩士となっているが、享保9年に24歳で死去した。

関連項目[編集]