長野県伊那弥生ヶ丘高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長野県伊那弥生ヶ丘高等学校
Ina Yayoigaoka High School.jpg
過去の名称 長野県立伊那実科女学校
長野県伊那南高等学校
長野県伊那高等家政女学校
長野県伊那東高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
学区 第3通学区
設立年月日 1911年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 20156B
所在地 396-0026
長野県伊那市西町5703

北緯35度50分23.9秒 東経137度57分2秒 / 北緯35.839972度 東経137.95056度 / 35.839972; 137.95056座標: 北緯35度50分23.9秒 東経137度57分2秒 / 北緯35.839972度 東経137.95056度 / 35.839972; 137.95056
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
長野県伊那弥生ヶ丘高等学校の位置(長野県内)
長野県伊那弥生ヶ丘高等学校

長野県伊那弥生ヶ丘高等学校(ながのけんいなやよいがおかこうとうがっこう)は、長野県伊那市西町にある公立高等学校である。通称「弥生(やよい)」。かつての伊那高等女学校であるため、同窓会は女性が中心である。

「弥生ヶ丘」という校名は、敷地内を工事していた際、弥生土器が発見されたことに由来する。文化祭は「弥生祭」と称する。

特徴[編集]

高等女学校の流れを汲むこともあり、母子2代、祖母・母・孫の3代での入学者も多い。女子校時代の出身者の中には元タカラジェンヌやミス・インターナショナル長野県代表者もいる。

伊那高等女学校時代には、大韓民国金大中元大統領の亡き先妻・車容愛(차용애)が日本名で在学していたことがある。戦時中だったこともあり、その事実はほとんど知られていなかったが、1998年頃に地元の新聞に取り上げられて話題になった。

卒業生の進学先は、地元の信州大学の他、国公立・私立ともにその多くは首都圏中京圏近畿地方など県外へ進学する。

男子ソフトボール部、器楽部、などが、全国大会の常連校であった。

男女共学になってから校歌が新しくなり、中田喜直作曲の三拍子の校歌となった。作詞は宮澤章二

又、2019年には野球部が県大会にて準優勝の成績を修めている。

沿革[編集]

  • 1911年 - 長野県伊那町立伊那実科女学校として開校。
  • 1920年 - 上伊那郡に移管され、上伊那郡立伊那高等女学校となる。
  • 1922年 - 長野県に移管され、長野県伊那高等女学校となる。
  • 1948年 - 学制改革により、長野県伊那南高等学校となる。
  • 1949年 - 長野県伊那東高等学校を統合し、現在の校名となる。
  • 1977年 - 男女共学を実施。新校歌制定。

著名な出身者[編集]

  • 井口理 - King Gnu(ボーカル、キーボード)

最寄駅[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]