長崎県立中五島高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長崎県立中五島高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長崎県の旗長崎県
併合学校 長崎県立上五島高等学校奈良尾分校
長崎県立上五島高等学校若松分校
校訓 誠実・自律・創造
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
商業科
所在地 853-2303
長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷162-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

長崎県立中五島高等学校(ながさきけんりつ なかごとうこうとうがっこう)は、長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷にある県立高等学校五島列島の中部中通島の南部に位置している。

設置学科[編集]

  • 全日制課程
    • 普通科
    • 商業科

校訓[編集]

  • 「誠実・自律・創造」

校章[編集]

  • 五島の海に羽ばたく(雄飛)かもめの羽の中に、左右五つずつ、合わせて十(島)の波を配して、中五島の文字を表している。またかもめの背はペン先を、波間の空間は大空を象徴したもので、ペン先は勤勉をあらわし、大空は希望と雄飛を示している。

校歌[編集]

沿革[編集]

  • 1965年昭和40年)4月1日 - 長崎県立上五島高等学校の分校として奈良尾分校若松分校が設立。
  • 1973年(昭和48年)
    • 3月 - 奈良尾分校と若松分校廃止。
    • 4月 - 長崎県立中五島高等学校が新設される。
      • 校舎は奈良尾と若松の2校舎体制。
      • 各全日制普通科2学級。
      • 竜観山(たつみやま)にて両校舎の合同対面式を行い、開校記念日とする。
  • 1979年(昭和54年)
    • 3月 - 奈良尾校舎・若松校舎を廃止。
    • 4月 - 新校舎が完成(若松宿ノ浦郷162-1)。
  • 1983年(昭和58年)12月 - セミナーハウスが完成(教室改造)。
  • 1985年(昭和60年)10月 - 創立20周年記念式典を開催。
  • 1988年(昭和63年)
    • 2月 - 手づくり環境設備事業完成(通学路周辺設備)
    • 4月 - 普通科2学級に加え、商業科を1学級設置。
    • 9月 - 教室改造(図書室移転、商業科実習室整備)工事が完成。
  • 1990年平成2年)10月 - パソコンネットワークシステムを整備。
  • 1995年(平成7年)10月 - 創立30周年記念式典を開催。
  • 1999年(平成11年)1月 - 図書室改造工事が完了。
  • 2005年(平成17年)11月 - 創立40周年記念講演会を開催。
  • 2006年(平成18年)3月 - 電子計算機ネットワークシステムを整備。
  • 2007年(平成19年)12月 - グラウンド改修工事が完了。
  • 2009年(平成21年)11月 - 管理教室等西側耐震工事が完了。

部活動[編集]

運動部[編集]

文化部[編集]

アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]