長井進之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長井 進之介
生誕 1986年11月2日
出身地 日本の旗 日本
学歴 国立音楽大学卒業、同大学院博士後期課程単位取得
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
公式サイト ShinnoのTel jour, telle nuit

長井 進之介(ながい しんのすけ、1986年11月2日 - )は日本のピアニスト音楽ライター

来歴[編集]

国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業、及び音楽情報・社会コース修了。同大学大学院器楽専攻(伴奏)修了を経て、同大学院博士後期課程音楽学領域単位取得。在学中にカールスルーエ音楽大学(ドイツ)に、DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてライプツィヒに留学。

2007年度〈柴田南雄音楽評論賞〉にて奨励賞を史上最年少で受賞したことを機に、音楽ライターとしての活動を開始[1]

活動[編集]

ピアニストとしては、アンサンブルを中心とした演奏活動を行う。国立音楽大学大学院伴奏助手をつとめる。日本音楽学会正会員。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)研究会員。

音楽ライターとしては、『CD-Journal』『ぶらあぼ』『音楽の友』などの雑誌やWeb媒体に寄稿。CDのライナーノーツの執筆・翻訳も手がける。その他、レクチャーや各種イベントの司会なども行っている。

2016年10月から、インターネットラジオOTTAVAにプレゼンター(ラジオDJ)として出演。小室敬幸と組んだ番組発のユニット「一番町子分[2](いちばんちょうこぶん)」では、ピアノ演奏を担当する。

著書[編集]

ラジオ[編集]

  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016 スペシャル(OTTAVA株式会社、2016年5月4日[3]) - ゲスト出演、「公式レポートブログ隊」の一員として見どころを紹介した
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA Navi[4](OTTAVA株式会社、2016年10月1日 - 2018年4月14日) - プレゼンター
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA Salone(OTTAVA株式会社、2017年12月20日) - プレゼンター、本田聖嗣の代演として[5]
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA Fresca[6](OTTAVA株式会社、2018年11月8日 - ) - 木・金曜日プレゼンター
  • FM845 石山雅雄の“ぴあの大好き”(株式会社京都リビングエフエム、2019年5月23日) - ゲスト出演
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA The World of OTTAVA(OTTAVA株式会社、2019年6月 - ) - プレゼンターとして下記3本を担当
  • コンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVA OTTAVA for You(OTTAVA株式会社、2019年7月) - 『一番町子分対談:ケンバン奏者への道 そして…改名のゆくえは?』[7]プレゼンター

動画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長井進之介さんのプロフィールページ(ameba)” (日本語). profile.ameba.jp. 2018年6月28日閲覧。
  2. ^ Facebook「OTTAVA」アカウントの投稿(2017年8月20日)” (日本語). www.facebook.com. 2018年6月22日閲覧。
  3. ^ 『OTTAVA ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016 スペシャル』5月4日(ニコニコ動画OTTAVAチャンネル)”. 2018年7月4日閲覧。
  4. ^ 毎日新聞社『デジタル毎日』内『クラシックナビ』との協業により、「季節感やその日感覚を大切としつつ、国内外のクラシック・シーンの最新情報を、総力を挙げてお届けする」クラシック情報ワイド番組。2016年10月1日 - 2017年3月31日、PrimeSeatも協業に加わっていた時期の正式な番組名は『PrimeSeat/OTTAVA Navi』であった。おすすめの演奏会のチケット情報を紹介する「Box office」、東京文化会館から発信される文化情報を多角的に伝える「TOKYO Meeting Point」、『クラシックナビ』の記者たちがおすすめの記事やクラシック界の最新情報について語る「Editor's Talk」、国内外のレーベルの新譜から1タイトルを選んでたっぷり聴かせる「Album Pick Up」、ナクソス・ジャパンのスタッフが新旧さまざまな音源を紹介する「What's New! NAXOS」、OTTAVAからのお知らせ「OTTAVA Weekly」などのコーナーが設けられていた。OTTAVA Navi(OTTAVA公式サイト)”. 2016年10月1日閲覧。
  5. ^ Facebook「OTTAVA」アカウントの投稿(2017年12月20日)”. 2018年7月4日閲覧。
  6. ^ 「その日感覚」を大切に、その日にこだわった音楽歳時記や、旬にこだわった衣食住、音楽界の動きなど、旬な話題とクラシックの名曲を送るワイド番組。「fresca」はイタリア語で「新鮮」の意。英語の「fresh」にあたる。OTTAVA Fresca(OTTAVA公式サイト)”. 2018年11月5日閲覧。
  7. ^ OTTAVA for You~一番町子分対談:ケンバン奏者への道 そして…改名のゆくえは?~(YouTube)”. 2019年7月11日閲覧。
  8. ^ これを観れば絶対行きたくなる!「美少女戦士セーラームーンClassic Concert 2018」開催直前特番♪(ニコニコ動画)”. 2018年8月3日閲覧。

関連項目[編集]

  • OTTAVA
  • 大橋幡岩 - 長井の著書『幻の国産ピアノ“オオハシ"を求めて OHHASHI いい音をいつまでも』の主人公

外部リンク[編集]