銅鑼駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銅鑼駅
TRA Tongluo Station 20080404.jpg
駅舎
銅鑼
トンロウ
Tongluo
南勢 (4.1km)
(7.5km) 三義
所在地 台湾苗栗県銅鑼郷銅鑼村大同路13号
駅番号 139
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 三等駅
旧名 銅鑼湾
所属路線 台中線(山線)
キロ程 26.0km(竹南起点)
151.4*km(基隆起点)
電報略号 ㄊㄌ
駅構造 地上駅
ホーム 単式・島式 2面4線
乗車人員
-統計年度-
#利用状況節参照
-人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
#利用状況節参照
-人/日
開業年月日 1903年10月7日
テンプレートを表示
銅鑼駅
各種表記
繁体字 銅鑼車站
簡体字 铜锣车站
拼音 Tóngluó Chēzhàn
通用拼音 Tóngluó Chējhàn
注音符号 ㄊㄨㄥˊ ㄌㄨㄛˊ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: トンロウ チャーヂャン
台湾語白話字 Tâng-lô Chhia-thâu
日本語読み: どらえき、どうらえき[1]
英文 Tongluo Station
テンプレートを表示

銅鑼駅(どらえき、どうらえき)は、台湾苗栗県銅鑼郷にある台湾鉄路管理局台中線

歴史[編集]

  • 1903年10月7日 - 銅鑼湾駅として開業(計画段階の駅名は福興街と仮称)[2]
  • 1920年 - 銅鑼駅と改称。

駅構造[編集]

のりば[編集]

1 1 西部幹線(下り) 台中嘉義方面
2 (ホーム無し) 西部幹線(下り通過列車) 通過線
3 2A 西部幹線(上り) 桃園台北七堵基隆方面
4 2B 西部幹線(上り待避列車) 新竹七堵基隆方面
西部幹線(下り始発列車) 彰化斗六、嘉義方面
西部幹線(上り、成追線経由海岸線直通列車 沙鹿大甲竹南方面

利用状況[編集]

2001年-
年間 1日平均
乗車 下車 乗降車計 出典 乗車 乗降車
2010 198,688 202,778 401,466 [5] 544 1,100
2011 220,543 219,955 440,498 [6] 604 1,207
2012 236,402 236,321 472,723 [7] 646 1,292
2013 249,390 249,540 498,930 [8] 683 1,367
2014 262,678 262,026 524,704 [9] 720 1,438
2015 274,796 272,521 547,317 [10] 753 1,499
2016 275,120 273,326 548,446 [11] 752 1,498
2017 292,535 281,211 573,746 [12] 801 1,572
2018 313,167 311,161 624,328 [13] 858 1,710
2019 329,254 329,361 658,615 [14] 902 1,804

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
台中線(山線)
南勢駅 - 銅鑼駅 - 三義駅

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 第二次大戦

出典[編集]

  1. ^ 台湾総督府交通局鉄道部時代の読み方。「昭和9年12月15日現在鉄道停車場一覧」鉄道省457頁
  2. ^ 鉄道省 (1937-11-30). 鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在. 国立国会図書館. p. 523. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207554 
  3. ^ (繁体字中国語)屠樹人 (1970). 臺灣省苗栗縣志卷四:經濟志交通篇. 苗栗縣文獻委員會. pp. 21-49. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=006_001_0000408979  国家図書館
  4. ^ (繁体字中国語)黃鼎松 (1998年). 銅鑼鄉誌. 銅鑼鄉公所. p. 344. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=006_001_0000304963 
  5. ^ 99年報 各站客貨運起訖量”. 2011年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  6. ^ 100年報 各站客貨運起訖量”. 2012年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  7. ^ 101年報 各站客貨運起訖量”. 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  8. ^ 102年報 各站客貨運起訖量”. 2014年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  9. ^ 103年報 各站客貨運起訖量”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  10. ^ 104年報 各站客貨運起訖量”. 2016年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  11. ^ 105年報 各站客貨運起訖量”. 2017年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  12. ^ 106年報各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  13. ^ 107年報各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月25日閲覧。
  14. ^ 108年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2020年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]

台湾鉄路管理局