鉄仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Man in the Iron Masque.jpg

鉄仮面(てっかめん、: le masque de fer: the man in the iron mask)または仮面の男(かめんのおとこ)は、フランスで実際に1703年までバスティーユ牢獄に収監されていた「ベールで顔を覆った囚人」。その正体については諸説諸々。これをモチーフに作られた伝説や作品も流布した。

概要[ソースを編集]

囚人は1669年に、ルイ14世の大臣からピネローロ監獄の監獄長サン・マールに預けられ、監獄長自ら世話をしたという。以降、サン・マールの転任と共にその囚人も移送され、サント=マルグリット島を経て、1698年にバスティーユに移送された。当時のバスティーユの看守は、「囚人は常にマスクで顔を覆われ、副監獄長直々に丁重に扱われていた」と記録している。

なお、鉄製の仮面を常に着用していると言うイメージになってしまったが、実際には布製のマスクだったといわれ、それも人と面会する時にだけ着用させられていた。もし人前でマスクを取ろうとすれば、その場で殺害せよとの指示が出されていた。そのため、牢獄で世話をしていた者も囚人の顔を知らなかった。

囚人は1703年11月19日に死亡。「マルショワリー」という偽名で葬られ、彼の所有物などは全て破棄されたという。

正体[ソースを編集]

当時の噂では、フランス軍元帥オリバー・クロムウェルフランソワ・ド・ヴァンドームアンリ4世の庶子ヴァンドーム公セザールの子でフロンドの乱の指導者の一人)等が挙げられており、その後も様々な憶測がなされた。主な推測だけでも以下のようなものがある。

  1. ルイ14世の義妹オルレアン公爵夫人エリザベート・シャルロットは、ウィリアム3世暗殺未遂(フェンウィック)事件1696年)に関わったイギリス貴族(ジャコバイト)だと主張した。
  2. ヴォルテールは、宰相ジュール・マザランルイ13世アンヌ・ドートリッシュの息子で、ルイ14世の庶兄であるとした[1]デュマはこの説を双子の兄にして『鉄仮面』を書いた。鉄仮面を扱った映画には、ルイ14世と鉄仮面の男が最終的に入れ替わるものもある。
  3. 1801年ナポレオンの支持者に広まった説では、囚人はルイ14世本人で、マザランによって扱いやすい替え玉と取り替えられたという。この話には、囚人が獄中で子供を作り、その子が後にコルシカ島へ行き、ナポレオンの先祖になるという尾ひれも付いている。
  4. アーサー・バーンズ(Arthur Barnes)の『仮面の男』(The Man of the Mask, 1908年[2]によれば、チャールズ2世の庶子ジェームス・ド・ラ・クローシュ(James de la Cloche)であるという。この人物はフランスとの連絡役を務めていたが、イギリスとの関係の露呈を恐れたルイ14世によって監禁されたという。
  5. マルセル・パニョル(Marcel Pagnol)の『鉄仮面の秘密』[3]Le Secret du masque de fer, 1965年)は、アーサー・バーンズ説とは異なり、実はジェームズ・ド・ラ・クローシュはルイ14世の双子の兄弟で、この男を鉄仮面の正体としている。
  6. ハリー・トンプソン(Harry Thompson(英語版), 1960 - 2005)の『鉄仮面―歴史に封印された男』[4]The Man in the Iron Mask: A Historical Detective Investigation, 1987年)によれば、仮面の男の正体はルイ14世の異母兄ユスターシュ・ドージェ(Eustache Dauger)であるという。これは現在主流とされている説である。
  7. 軍歴史学者ルイ・ジェンドロン(Louis Gendron)が、1890年にある暗号化された一連の手紙をフランス軍暗号局のエティエンヌ・バゼリーズに解読させたところ、ルイ14世の暗号係ロシノールにより作成された暗号文であることが判明し、その内の1つには、逮捕されたヴィヴィアン・ド・ビュロンド(Vivien de Bulonde)将軍とその罪に関する事柄が記されていた。それによると、ルイ14世は、オーストリアで軍需物質、傷病兵を置き去りにして退却した罪で将軍をピネローロ要塞に収監することを命令し、彼を「個室に監禁し、昼間は**(暗号未解読部分)の条件のもとで胸壁を歩くことを許す」と指示していた。この「暗号未解読部分」を「仮面」と解釈することで、ビュロンド将軍=鉄仮面説が流布されたが、年代等の矛盾により現在ではほとんど支持されていない。

鉄仮面を扱った作品[ソースを編集]

囚人が被っていた布製の仮面はいつの間にか鉄仮面になり、そのグロテスクなイメージから、様々な文学作品、映画に取り上げられている。さらに本来の伝説からかけ離れて「鉄仮面の囚人」だけが一人歩きした三次派生とも言うべき作品も多く作られた。

ダルタニャン物語関連[ソースを編集]

イメージを踏襲した作品[ソースを編集]

注・出典[ソースを編集]

  1. ^ ヴォルテール『ルイ十四世の世紀』2 丸山熊雄岩波文庫 1974年 ISBN 978-4003251843、第二十五章 「ルイ十四世時代の特色と逸話」 p.154
  2. ^ "The man of the mask : a study in the by-ways of history by Arthur Stapylton Barnes", Published 1908, the Internet Archive
  3. ^ マルセル・パニョル『「鉄仮面」の秘密』( 佐藤房吉訳 評論社 1976年、初版ではなく1969年の改定第2版の翻訳) ISBN 978-4566052185
  4. ^ 『鉄・仮・面―歴史に封印された男』(月村澄枝 訳 JICC出版局(現宝島社) 1989年)ISBN 978-4880636047