鈴木竜哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木竜哉
生誕 (1982-08-04) 1982年8月4日(36歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
学歴 東京藝術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

鈴木 竜哉(すずき たつや、1982年8月4日 - )は、日本指揮者神奈川県横浜市出身。マスターズ・ブラス・ナゴヤ音楽監督。

経歴[編集]

1982年横浜生まれ。横浜市立中沢小学校横浜市立旭中学校を卒業。中学時代に吹奏楽部でトランペットを始める。同じ楽器で1級上の先輩にはNHKの鈴木奈穂子アナウンサーがいた。

2001年東京音楽大学付属高等学校トランペット専攻を卒業し、東京藝術大学音楽学部指揮科に入学。2004年安宅賞を受賞し、2005年3月同大学を首席で卒業。同年6月には同大学主催の新卒業生紹介演奏会において藝大フィルハーモニアを指揮、好評を博す。

これまでに指揮を佐藤功太郎汐澤安彦、トランペットを林昭世、ピアノを北川暁子、井田康子、渡辺真知子、西澤はな子にそれぞれ師事。神奈川フィルハーモニー管弦楽団セントラル愛知交響楽団を指揮するほか、ピアニストの小川典子、オルガニストの三浦はつみをはじめとする多くの演奏家と共演。「奇を衒うことのない、真摯な音楽づくり」は、現在でも高い評価を得ている。

オペラの分野においても、これまでに新国立劇場二期会びわ湖ホール神奈川県民ホール共同制作、日生劇場日本オペラ団体連盟人材育成公演などの副指揮者、合唱指揮者を務める。

2013年から2019年にかけては、一宮市消防音楽隊常任指揮者として音楽隊の向上に大きく寄与したのはもちろんのこと、周辺地域への音楽文化発展の中心的役割を担うなど、手腕を発揮。

また、アマチュア団体に対してもこれまでに数多くのオーケストラ、吹奏楽団、合唱団を指揮。さらに、ドラマ「のだめカンタービレ新春スペシャル in ヨーロッパ」、映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編・後編」の指揮指導を行うなど、「クラシック音楽の裾野を広げる」べく、各方面において積極的に活動している。

現在、マスターズ・ブラス・ナゴヤ音楽監督。

年譜[編集]