鈴木修次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 修次(すずき しゅうじ、1923年(大正12年)8月13日[1]- 1989年6月11日[2])は、日本の漢文学者。

東京に生まれ、埼玉県に育つ。東京文理科大学漢文学科卒業。1968年「漢魏詩の研究」で東京教育大学文学博士北海道教育大学講師、東京教育大学助教授広島大学教授、1987年名誉教授大阪学芸大学教授、1989年退官。

著書[編集]

  • 『古典漢文の新研究』三省堂、1966
  • 荘子清水書院 Century books 人と思想、1973、新装版2016
  • 『唐代詩人論』鳳出版、1973、講談社学術文庫 1979
  • 『唐詩 その伝達の場』日本放送出版協会NHKブックス、1976
  • 『人生有情 警策のことば』東京書籍:東書選書、1977
  • 『中国古代文学論 詩経の文芸性』角川書店、1977
  • 『漢語と日本人』みすず書房、1978
  • 『漢字 その特質と漢字文明の将来』講談社現代新書、1978
  • 『中国文学と日本文学』東京書籍、1978
  • 『文学としての論語』東京書籍:東書選書、1979
  • 杜甫』清水書院 Century books 人と思想、1980、新装版2014
  • 『日本漢語と中国 漢字文化圏の近代化』中公新書、1981
  • 『文化シリーズ ことばから考える日本人論 文明のことば』文化評論出版、1981
  • 『漢字再発見 その驚くべき表現力・情報力・経済力の秘密』PHP研究所 21世紀図書館、1983
  • 『数の文学』東京書籍、1983
  • 『中国の人と思想 2 孟子 民を貴しと為す』集英社、1984
  • 論語孔子 人間関係論のエッセンス「論語」の新しい読み方』PHP研究所 21世紀図書館、1984
  • 『唐詩の世界』日本放送出版協会 NHK市民大学、1987
    • 『唐詩の世界』日本放送出版協会、1990
  • 『漢字情報力再発見 そのすぐれた表現力・伝達力・経済力』創拓社、1990

共編[編集]

  • 『漢文読本 入門篇』中西清小林信明鎌田正尾関富太郎大木春基牛島徳次共編 大修館書店、1951
  • 『高等漢文 巻1』中西清、小林信明、鎌田正、尾関富太郎、大木春基、牛島徳次共編 大修館書店、1952
  • 『中国文化叢書 第4巻 文学概論』高木正一前野直彬共編、大修館書店 1967
  • 『中国文化叢書 第5巻 文学史』高木正一、前野直彬共編 大修館書店、1968
  • 『角川最新漢和辞典』武部良明水上静夫共編 角川書店、1983
  • 『漢詩漢文名言辞典』編著 東京書籍、1985
  • 『漢詩漢文に学ぶ人生の指針』全7巻 編著 東京書籍、2011

訳注[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『人物物故大年表』