金長神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金長神社
Kincho Jinja 01.JPG
境内
所在地 徳島県小松島市中田町脇谷
位置 北緯34度1分1.26秒
東経134度35分12.05秒
座標: 北緯34度1分1.26秒 東経134度35分12.05秒
主祭神 金長大明神
創建 昭和31年(1956年)
本殿の様式 三間社流造
テンプレートを表示

金長神社(きんちょうじんじゃ)は、徳島県小松島市中田町にある神社。祭神は金長大明神。

概要[編集]

伝説上の阿波狸合戦で落命した金長狸を祀った神社である。金長の死後、染物屋の茂右衛門が金長大明神として手厚く弔い、金長は江戸時代後期の弘化5年(1848年正一位に上った。

昭和31年(1956年)商売繁盛、開運の神としてこの地に勧請された。

なお、当神社の北側にある芝山山上の日峰神社には境内社として、金長神社本宮がある。この神社は、昭和14年(1939年)に新興キネマが作製した映画「阿波狸合戦」のヒットにより会社が持ち直したので、金長への感謝より萬野只七の主唱により俳優らの寄進で同年に建立された。

小松島市民運動場に隣接しており、周囲にはが植えられには花見客で賑わう。

アクセス[編集]

県道小松島港線から徳島赤十字病院から約300m北へ行き、右折し東へ約50m。

参考文献[編集]

  • 徳島史学会/編 『新版 徳島県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1995年 169ページ