金正日将軍の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
金正日将軍の歌
各種表記
ハングル 김정일장군의 노래
漢字 金正日將軍의 노래
発音ジョンイチャングネノレ
日本語読み: きんしょうにちしょうぐんのうた
MR式
2000年式
英語
Kim Chŏng-il Changgunŭi Norae
Gim Jeong-il Janggunui Norae
Song of General Kim Jong-il
テンプレートを表示

「金正日将軍の歌」(キムジョンイルしょうぐんのうた、朝鮮語: 김정일장군의 노래)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の歌曲。同国の二代目指導者、総書記である金正日を讃える内容である。

概説[編集]

「金正日将軍の歌」は1997年に発表された。金日成政権下より金正日はを作ったり著書を執筆・発表するなどして父自身の個人崇拝を形成する一助を担っていた。とりわけ有名な「金日成将軍の歌」は可能な限りどこでも演奏される。父の死後、指導者になった金正日は自分自身の崇拝を持つようになった。本作「金正日将軍の歌」は父の上記の歌ほど広く有名ではない(そしてまた彼の父ほど強大な個人崇拝を持ち得たわけでもない)にも関わらず北朝鮮では日常的に演奏される。

国営放送である朝鮮中央放送朝鮮中央テレビ、国外同胞向けの平壌放送、国際放送の朝鮮の声放送では放送開始時に「愛国歌」や「金日成将軍の歌」と共に必ず演奏される。平壌FM放送万寿台テレビインターバル・シグナルにも使用されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]