金正日の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金正日の歌(キムジョンイルのうた)は北朝鮮にある金正日を賛美する歌のこと。金正日が北朝鮮国内で存在感を強め権力を掌握していくにつれて次々と製作された。主に功勲国家合唱団普天堡電子楽団(ポチョンボ電子楽団)、朝鮮人民軍協奏団ワンジェサン軽音楽団が演奏しており日本のメディアでも放送がなされた事もある。

年表[編集]

歌詞の日本語版について[編集]

上記の歌謡のうち著名な曲は「日本語版」も存在する。日本語版では音楽に合わせ日本語で歌えるようになっており若干歌詞も改変されている(翻訳歌詞の常の致し方ない押韻の問題は然る事ながら、字余りをかなり無理に詰込む或いは逆に間延びの傾向が強く目立つ[要出典]。これは当局の公式翻訳としての指導の際、出来る限り「余さず意訳する」方針であった物として伺える)。また北朝鮮独自の言い回しである「錦繍江山」(「クムスガンサン」と読む。山河が錦を刺繍したように美しいという意味)や「三千里」(朝鮮半島南北の縦断距離。なお朝鮮での一は300mである)などの言い回しは日本風にそれぞれ言い換えられている。

朝鮮の声放送などの日本向け日本語放送短波放送(一部中波)では、必ず朝鮮語のオリジナルバージョンが放送されるが、日本語版がピアノの伴奏を伴って放送される事もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]