金子裕則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金子裕則(かねこひろのり)は、日本のシンガーソングライター1958年8月6日生まれ。宮崎県延岡市出身。

来歴・人物[編集]

1979年10月、第18回ヤマハポピュラーソングコンテストにおいて「哀歌」で優秀曲賞受賞。同年11月、第10回世界歌謡祭において同曲にて入賞[1]。1990年からは作曲家としての活動も始め、杉良太郎島倉千代子松村和子Be-Bらに楽曲を提供。その後出身地である宮崎県延岡市に活動拠点を移し、音楽事務所(株式会社スタイリッシュ・ブルー)を設立している[2]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 哀歌 / レインストリート(1979年12月5日)
  2. Fine(フィーネ) / ウエストコーストにあこがれて(1980年7月5日)
  3. Good Luck / 流木(1980年11月21日)
  4. 悲しきシーサイドラブ / サマーシェイド(1981年6月21日)
  5. 愁奏〜adagio〜 / 記念日〜anniversary〜(2004年12月5日)

アルバム[編集]

  1. Hironori Kaneko(1980年7月21日)
  2. Gift(2004年12月12日)
    • デビュー25周年を機に、1981年までのアルバム1枚、シングル4枚の全18トラックと「哀歌(シングルバージョン)」のカラオケを収録したベスト盤。

出典[編集]

外部リンク[編集]