金子徳衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 徳衛(かねこ とくえ、1914年-1998年)は、埼玉県出身の洋画家浦和画家の一人。

人物[編集]

兄は元蕨市市長の金子吉衛浦和中学校(現埼玉県立浦和高等学校)卒業後、東京美術学校油画科に入学。同級生には伊勢正三藤本東一良柳宗里、1年先輩に渡辺武夫がいた[1]。1947年の第三回日展では審査員であり師の寺内萬治郎(同じく浦和画家)の肖像画「T先生の像」を出品し特選を受賞した。また萬治郎も弟子の金子の肖像画「画家K君の像」を展示、師弟が互いの肖像画を展示するというのは文展以来の歴史の中でも無く、話題となった。作品の一部は埼玉県立近代美術館に収蔵されている。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 埼玉の画家たち さきたま出版会 2000年

関連項目[編集]