金光宗高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金光 宗高(かなみつ むねたか、 生年不詳 - 元亀元年(1570年))は、戦国時代武将宇喜多氏家臣。備前国石山城岡山城)主。通称は與(与)次郎。官途名備前守もしくは佐渡守とも[1]能勢頼吉の弟[2]または実子[3]であるという。法名は友讃。

略歴[編集]

『備前軍記』によると養父である金光備前に子がいなかったため養子に入り家督を継いだという。

養父に倣い松田氏に属していたが、永禄7年(1564年)頃に松田氏と宇喜多氏が和睦し、浦上氏に付き従い備中国へ出陣する動きを察知した三村氏に城を攻められた折、兵が少なく防戦できない状態であるため心ならずも三村氏に降参しその指揮下に入った。

永禄10年(1567年)の明善寺合戦で三村氏が敗れると宇喜多氏の居城である沼城へ出仕し宇喜多氏の指揮下に入った。

元亀元年(1570年)かねてから備前国を領有し、岡山の地に城下町を建設したい野望を抱いていた宇喜多直家毛利氏と内通していると言い掛かりを付けられ弁明をするも許されず、死後子供である金光文右衛門、次子とされる金光太郎右衛門に所領を与えること(後にそれぞれ900石本丸御番衆、400石になった。)を条件に城(石山城)を明け渡すと一筆をしたため切腹したという。

宗高は信仰心が篤く、保護していた金光山岡山寺(当時は、現・岡山城二の郭に存在)に比叡山から高僧を招いた程であったと言う。

脚注[編集]

  1. ^ 池田家が江戸中期にまとめた本では佐渡守、その他の文献では備前守となっているため。
  2. ^ 備前軍記』より。
  3. ^ 『戦国宇喜多一族』P243、立石定夫著、新人物往来社、1988年より。