金光太郎右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
金光太郎右衛門
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 通称:太郎右衛門
主君 宇喜多直家秀家
氏族 金光氏
父母 父:金光宗高
兄弟 文右衛門太郎右衛門
安兵衛

金光 太郎右衛門(かなみつ たろうえもん)は、戦国時代から安土桃山時代武将宇喜多氏家臣。知行は400石。御船手組とされる。

生涯[編集]

金光宗高の次男とされ、金光文右衛門は兄に当たると思われる。文右衛門とともに宇喜多氏に仕え、兄と行動を共にすることが多かった様である。

関ヶ原の戦いで西軍についた宇喜多秀家が敗れると備前国御野郡古松村[1]に子の安兵衛とともに隠棲した。孫に当たる与次郎宗吉[2]清右衛門は後に岡山藩池田氏に微禄で仕えた。

なお、小西行長の前半生を描いた白石一郎の小説「海将」(講談社文庫)では金光平馬として備中高松城の水攻め前後のくだりに登場している。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の岡山県岡山市東古松、西古松。
  2. ^ 菅野金光家(岡山市菅野)の祖と思われる