野村訓市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のむら くんいち
野村訓市
野村訓市
2018年の野村訓市
生年月日 (1973-04-10) 1973年4月10日(48歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都
活動期間 1999年 -
活動内容 ラジオパーソナリティ
ライター
俳優
雑誌編集者
インテリアデザイナー
配偶者 佐田真由美(2008年 - )
著名な家族 野村友里(姉)
事務所 TRIPSTER
主な作品
犬ヶ島(2018年)
テンプレートを表示

野村 訓市(のむら くんいち、1973年4月10日 - )は日本のマルチクリエイター、ライター、インテリアデザイナー俳優ラジオパーソナリティである。慶應義塾大学総合政策学部卒業。

略歴[編集]

幼稚園から高校まで学習院に在籍し、同高等科在籍中にアメリカテキサス州へ留学。大学卒業後は世界各国を旅をする。

帰国後のバイト先で黒崎輝男イデー(IDÉE)創始者)と出会い、1999年辻堂海岸にて海の家「sputnik」をプロデュース。2004年に店舗設計を手掛ける事務所「TRIPSTER」を設立した[1]

2008年10月にモデルの佐田真由美と結婚[2]、現在は二児の父である。

姉は料理研究家の野村友里[3]

出演・著書[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • sputnik : whole life catalogue(インタビュー集)

雑誌[編集]

参照・脚注[編集]

  1. ^ 世界中から仕事が集まる「野村訓市」とは一体何者なのか?” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年9月22日). 2021年8月20日閲覧。
  2. ^ 佐田真由美 モデル歴30年以上も娘たちには「オススメしない 毎日、明日がないというか」”. www.sponichi.co.jp. 2020年5月12日閲覧。
  3. ^ ブルータス, カーサ (2015年5月22日). “母・紘子さんからニッポンの娘たちへ! 伝えたい味ともてなす心。” (日本語). カーサ ブルータス Casa BRUTUS. 2021年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]