酒井忠順 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 忠順(さかい ただより、昭和49年(1974年)- )は、旧庄内藩主酒井家19代目、荘内藩代表取締役社長。公益財団法人致道博物館理事副館長。

来歴・人物[編集]

1974年(昭和49年) 酒井忠久の長男として山形県鶴岡市に生れる。

獨協大卒業後、東京信用保証協会勤務を経て、荘内銀行に入行。同行における地域振興部門に携わり、2009年松岡物産(2016年11月、社名を荘内藩に変更)社長に就任。新商品の企画等を通じて庄内地方の振興にも注力している[1][2]

略歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]