酒井天美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 天美(さかい あまみ、旧姓:小泉、昭和20年(1945年5月26日- )は、日本実業家。松岡物産株式会社会長。旧庄内藩主酒井家18代当主酒井忠久の妻。

略歴[編集]

  • 1945年(昭和20年)生れる。
  • 慶應義塾大学文学部仏文学科卒業。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 2月24日 - 「鶴岡シルクサミット」(東北公益文科大学大学院ホール)でパネラー。
    • 10月22日 - 良い食材を伝える会 公開講座「歴史・文化・そして野菜」(鶴岡市)で、『庄内の食文化』と題して講演。
  • 2008年(平成20年)
    • 7月18日 - 東北電力の、まちづくり元気塾・まちづくりパートナーとして、新潟県南魚沼市にて『地域資源の再発見 ものづくり まちづくり』と題して講話。
    • 11月10日 - 山形県博物館連絡協議会研修会(酒田市希望ホール)にて『文化を創りだす場をめざして』と題して講演。
    • 11月15日 - 「慶應義塾大学教養研究センター 鶴岡セミナー」(慶應義塾大学日吉キャンパス)にてコメンテーター
  • 2009年(平成21年)2月28日 - 松岡物産(株)の社長職を長男酒井忠順に譲り会長に退く。

受賞歴[編集]

  • 2001年(平成13年) - 第21回『伝統文化ポーラ地域賞』受賞

著作物[編集]

共著[編集]

関連項目[編集]

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]