遠藤於菟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
遠藤於莵から転送)
移動先: 案内検索
えんどう おと
遠藤 於莵
生誕 1866年2月13日
(旧暦 慶応元年12月28日
信濃国筑摩郡福島
(現 長野県木曽郡木曽町
死没 (1943-02-17) 1943年2月17日(76歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
建築物 横浜銀行集会所
三井物産横浜支店

遠藤 於莵(えんどう おと、1866年12月28日 - 1943年2月17日)は、日本の建築家。日本における鉄筋コンクリート技術の先駆者の一人で、「日本のペレ」とも評される。

経歴[編集]

信濃国筑摩郡福島(現長野県木曽郡木曽町)生まれ。東京大学予備門第一高等中学校を経て、帝国大学工科大学校造家学科で建築学を学び、1894年卒業。野口孫市、大沢三之助、矢橋賢吉と同期生。

卒業後、神奈川県技師に就任、また横浜税関倉庫、生糸検査所などの建設に関わった。1898年横浜正金銀行技師になり、妻木頼黄設計の本店建設に従事した(1904年竣工)。1905年、横浜に設計事務所を開設。以降は在野で設計活動を行った(1909年に再び神奈川県技師に任じられたが、8か月ほどで辞めている)。

遠藤は鉄筋コンクリート構造(RC造)の新技術に大きな関心を抱いたが、明治末年当時は試行錯誤の時代であった。まず床や開口部など部分的に使用しはじめ、1910年竣工の三井物産横浜支店倉庫では混構造(外壁は煉瓦造、床は木造で、内部の柱や屋根スラブなどがRC造)としたが、翌年竣工の三井物産横浜支店では全面的にRC造を採用した(本格的な事務所建築として日本最初のRC造)。この2つの建物は現存しており、技術史上も重要な遺構である。この他、アールヌーヴォー様式で知られる横浜銀行集会所、関東大震災後の生糸検査所(キーケン)などが代表作である。

作品[編集]

名称 所在地 状態 備考
/横浜正金銀行本店 (現・神奈川県立歴史博物館) 1904年明治37年) 14神奈川県横浜市 重要文化財 妻木頼黄と連名。
/横浜銀行集会所 1905年明治38年) 14神奈川県横浜市 現存せず
/旧三井物産横浜支店倉庫 1910年明治43年) 14神奈川県横浜市
/三井物産横浜支店 1911年明治44年) 14神奈川県横浜市
/東京高等商業学校 1916年大正5年) 13東京都千代田区 現存せず 震災後、岩波書店になった。
/今井百貨店小樽支店 1923年大正12年) 01北海道小樽市 現存せず 後に函館市末広町分庁舎
/生糸検査所 (現・横浜第二合同庁舎) 1926年大正15年) 14神奈川県横浜市 現存せず 取壊し後、同じデザインで再現。
/生糸検査所倉庫事務所 (現・北仲BRIC) 1926年大正15年) 14神奈川県横浜市 後に帝蚕倉庫事務所。再開発予定地内にあるが、保存予定。


参考文献[編集]

  • 堀勇良『日本のモダニズム』(日本の建築 明治大正昭和10、1981年)