辰巳正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辰巳 正明(たつみ まさあき、1945年〈昭和20年〉 - )は、日本文学者國學院大學名誉教授。専攻は日本上代文学、東アジア比較文化研究。

経歴[編集]

北海道出身。二松学舎大学国文科卒業。1976年(昭和51年)成城大学大学院博士課程満期退学[1]。1985年「人麻呂の挽歌」の業績により、第二回上代文学会賞を受賞。1995年「万葉集と中国文学」で成城大文学博士[2]大東文化大学講師、助教授、教授、北京日本学研究中心客員講師、2000年(平成12年)國學院大學教授。2014~2017年南開大学客座教授、2015年(平成27年)退任し國學院大學名誉教授。2018年「東アジアを視点とする古代和歌・詩の本質の解明」で第6回日本学賞受賞。

著書[編集]

  • 『万葉集と中国文学』 笠間書院、1987
  • 長屋王とその時代』 新典社〈叢刊・日本の文学〉、1990
  • 『万葉集歌人集成』講談社、1990
  • 『悲劇の宰相・長屋王邸を掘る』山川出版、1992
  • 『万葉集と中国文学 第二』笠間書院、1993
  • 『万葉集辞典』武蔵野書院1993
  • 『悲劇の宰相長屋王 古代の文学サロンと政治』 講談社〈講談社選書メチエ〉、1994
  • 『万葉集と比較詩学』 おうふう、1997
  • 『万叶集与中国文学』武漢出版社、1997
  • 『詩の起原 東アジア文化圏の恋愛詩』 笠間書院、2000
  • 『万葉集に会いたい。』 笠間書院、2001
  • 『詩霊論 人はなぜ詩に感動するのか』 笠間書院、2004
  • 『短歌学入門 万葉集から始まる〈短歌革新〉の歴史』 笠間書院、2005
  • 折口信夫 東アジア文化と日本学の成立』 笠間書院、2007
  • 『歌垣 恋歌の奇祭をたずねて』 新典社新書、2009
  • 『万葉集の歴史 日本人が歌によって築いた原初のヒストリー』 笠間書院、2011
  • 山上憶良』 笠間書院〈コレクション日本歌人選〉、2011
  • 懐風藻全注釈』 笠間書院、2012
  • 王梵志詩集注釈 敦煌出土の仏教詩を読む』笠間書院 、2015
  • 『懐風藻 古代日本漢詩を読む』新典社、2019
  • 『令和から読む万葉集』新典社、2019
  • 『大伴旅人 令和を開いた万葉集の歌人』(新典社)

編著・監修[編集]

  • 『懐風藻漢字索引』編、新典社、1978
  • 『懐風藻 漢字文化圏の中の日本古代漢詩』編、笠間書院〈上代文学会研究叢書〉、2000
  • 『懐風藻 日本的自然観はどのように成立したか』編、笠間書院、2008
  • 『郷歌 注解と研究』中西進共編、新典社選書、2008
  • 『古事記歌謡注釈 歌謡の理論から読み解く古代歌謡の全貌』監修 新典社 、2014
  • 『『万葉集』と東アジア』 (古代文学と隣接諸学) 編 竹林舎 、2017

脚注[編集]