上代文学会賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上代文学会賞(じょうだいぶんがくかいしょう)は、上代文学会が制定する学会賞である。1983年11月刊行の『上代文学』51号の誌上において設立が公表された。主として会員による前年度の論文を対象とする。翌1984年5月の『上代文学』52号より年に1度受賞者を決定して発表し、以降偶数号にての発表が継続されている。受賞事由は『上代文学』誌上にて公示される。

歴代受賞者[編集]

受賞年度 回数 受賞者 受賞業績 掲載号 備考
1984年 第1回 神野志隆光 古事記の達成』(東京大学出版会 52号
古橋信孝 「古代のうたの表現の論理」(『文学』昭和58年5月)ほか1篇
1985年 第2回 辰巳正明 人麻呂の挽歌」(『大東文化大学紀要』22)ほか4篇 54号
1986年 第3回 犬飼公之 「鏡の目覚書」(『宮城学院女子大学研究論文集』63)ほか3篇 56号
東茂美 「六朝仏教からみた憶良歌の位置」(『上代文学』54)ほか3篇
1987年 第4回 多田一臣 「隠り妻と人妻と」(『国語と国文学』昭和61年11月)ほか1篇 58号
1988年 第5回 三浦佑之 『村落伝承論』五柳書院 60号
1989年 第6回 福島秋穂 『記紀神話伝説の研究』六興出版 62号
1990年 第7回 青木周平 倭建命東征伝承と「言挙」」(『古事記年報』31)ほか3篇 64号
1991年 第8回 該当者なし なし 66号
1992年 第9回 孫久富 万葉集と中国古典の比較研究』新典社 68号
1993年 第10回 日吉盛幸 『万葉集歌句漢字総索引』『万葉集表記別類句索引』笠間書院 70号 特別賞(※)
1994年 第11回 胡志昂 『奈良万葉と中国文学』笠間書院 72号
1995年 第12回 西條勉 「〈皇祖神天照大神〉の誕生と伊勢神宮」(『国士舘大学国文学論輯』15)ほか3篇 74号
1996年 第13回 該当者なし なし 76号
1997年 第14回 奥村和美 天平勝宝八歳六月十七日大伴家持作歌六首の論」(『萬葉』157)ほか2篇 78号
1998年 第15回 上野誠 『古代日本の文芸空間』雄山閣出版 80号
梶川信行 『万葉史の論 山部赤人翰林書房
1999年 第16回 該当者なし なし 82号
2000年 第17回 金沢英之 「三大考論争」(『古事記の現在』笠間書院) 84号
2001年 第18回 該当者なし なし 86号
2002年 第19回 品田悦一 『万葉集の発明』新曜社 88号
2003年 第20回 該当者なし なし 90号
2004年 第21回 乾善彦 『漢字による日本語書記の史的研究』塙書房 92号
藏中しのぶ 『奈良朝漢詩文の比較文学的研究』翰林書房
2005年 第22回 村田右富実 『柿本人麻呂と和歌史』和泉書院 94号
2006年 第23回 工藤浩 『新撰亀相記の基礎的研究』日本エディタースクール 96号
2007年 第24回 松木俊曉 『言説空間としての大和政権』山川出版社 98号
2008年 第25回 小川靖彦 『萬葉学史の研究』おうふう 100号
2009年 第26回 兼岡理恵 風土記受容史研究』笠間書院 102号
2010年 第27回 該当者なし なし 104号
2011年 第28回 伊藤剣 『日本上代の神話伝承』新典社 106号
2012年 第29回 該当者なし なし 108号
2013年 第30回 該当者なし なし 110号
2014年 第31回 該当者なし なし 112号
2015年 第32回 該当者なし なし 114号
2016年 第33回 池原陽斉 「平安時代中期における『萬葉集』伝来の一様相」(『上代文学』114)ほか3篇 116号
2017年 第34回 該当者なし なし 118号

※索引での受賞のため。

参考文献[編集]

  • 『上代文学』51号~

外部リンク[編集]