豊国神社 (長浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊国神社
Hokoku jinja nagahama01s3200.jpg
所在地 滋賀県長浜市南呉服町6-37
位置 北緯35度22分49.8秒
東経136度15分53秒
座標: 北緯35度22分49.8秒 東経136度15分53秒
主祭神 事代主大神、豊国大明神(豊臣秀吉)、加藤清正木村重成
社格 県社
創建 慶長5年(1600年
本殿の様式 神明造
主な神事 豊公まつり
地図
豊国神社の位置(滋賀県内)
豊国神社
豊国神社
テンプレートを表示

豊国神社(ほうこくじんじゃ)は、滋賀県長浜市に鎮座する神社。 「豊国大明神」こと豊臣秀吉のほか、事代主大神加藤清正木村重成を祭神とする。近江長浜6瓢箪巡りの第一番札所。

歴史[編集]

豊臣秀吉は天正元年(1573年)~天正4年(1576年)に長浜城主であったが、当社は長浜町民が、秀吉の3回忌に当たる慶長5年(1600年)、その遺徳を偲んで建立したものである。江戸時代に入ると、幕府の命により秀吉信仰が禁じられ、社殿も取り壊されたが、町民によって祭神は町年寄の家へ移され、その後、恵比須神を祀る神社の奥社で密かに祀っていた(現在の豊国神社で事代主が一緒に祀られているのはこのため)。明治維新後には「豊国神社」の名が復活し、秀吉の三百回忌に当たる明治31年(1898年)に拝殿が再建された。明治14年に村社、大正9年に郷社、大正11年に県社に列した。

境内[編集]

  • 本社 - 神殿は神明造、江戸時代中期築。向拝は檜皮葺、唐破風。拝殿は千鳥破風。
  • 出世稲荷神社 - 拝殿天井画(徳力富吉郎筆)
  • 吉兆苑
  • 天満宮

主な神事[編集]

  • 十日戎(1月)
  • 豊公まつり(10月) 武者行列が行われる。

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]