読み聞かせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ合衆国陸軍による子供への読み聞かせ

読み聞かせ(よみきかせ)は、主に乳幼児期から小学校年齢の子供に対して、話者がともに絵本などを見ながら音読する行為である。日本では、1896年(明治29年)に巌谷小波京都の小学校で行った口演童話(こうえんどうわ)がルーツであると言われている[1]

乳幼児期の情操教育文字の習得などに効果があるという。年齢が上がっても読書への導入としても有効であり、集中して話を聞く訓練にもなりうるため、小学校で読み聞かせの時間を取っている教諭も少なくない。また、学校として読書の時間と並行し、読み聞かせの時間も取り入れられており、近隣で活動している読み聞かせボランティアや図書館職員、PTAらにより実施されている[2]指宿市立図書館のように高齢者向けに読み聞かせを行う図書館もあり、小さな活字を読み取りづらくなった人などから評価を受けている[3]

効用[編集]

  • 聞く力を育てる。
  • 言葉から想像する力を育てる[4]
  • 文章の理解力を育てる[4]
  • 本に対する興味を育てる。
  • 読み手と聞き手の交流。

場と相手[編集]

0歳児から中学生まで、本の選択さえあっていれば読み聞かせを喜ぶ。

時間[編集]

  • 日中 - 朝の会・昼休み・終わりの会。
  • 家庭や保育園での就寝前。

注意点[編集]

大げさに読まず、淡々と読むようにする[5]。読み手の過度の感情移入は聞き手の想像の余地を狭め、登場人物の印象を操作しかねないため[4]。また、一語一語はっきりと、子どもに聞きやすく真似しやすいように読む。

読み聞かせる本は、聞き手の興味に合わせて選択する[4]。ただし好きな本に対する子供の反応は個人差が大きく、好みの本を選択することは難しい問題である[4]。選ぶ本が読み聞かせの質をほとんど規定するため、選択は非常に重要である[6]。幼児の場合、同じ本を繰り返し読むようせがまれれば、これに応じる。

「読み聞かせの後に感想を聞くか否か」という問いがあるが、感想を聞いたグループと聞かなかったグループに対する本の内容に関するテストを行ったところ、感想を聞いたグループは内容理解に関する項目の得点が高く、聞かなかったグループは想像力に関する項目の特典が高いという傾向がある、とする実験結果がある[4]。したがって読み聞かせの目的に応じて感想を聞くかどうかを判断すればよい[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 岡﨑那菜・鈴見祐悟・宮下寛太・和田多香子「絵本と子どもとの出会い おとなが仕掛けた「読み聞かせ」」、『Campus』第211号、全学学類・専門学群代表者会議広報委員会(筑波大学)、2017年1月10日、 1-5頁。
  • 『私たち図書館やってます! ―指定管理者制度の波を越えて』 NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」 編、南方新社2011年5月1日、149頁。ISBN 978-4-86124-213-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]