西正典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にし まさのり
西 正典
生誕 (1954-03-18) 1954年3月18日(66歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 東京大学法学部
職業 国家公務員防衛省

西 正典(にし まさのり、1954年(昭和29年)3月18日 - )は、東京都出身の防衛官僚。第30代防衛事務次官、退官後に防衛大臣政策参与を務めた。

略歴[編集]

  • 国家公務員試験上級職(法律)合格
  • 1978年(昭和53年)3月:東京大学法学部卒業
  • 1978年(昭和53年)4月:防衛庁に入庁。経理局会計課
  • 1979年(昭和54年)4月:防衛局防衛課
  • 1980年(昭和55年)4月:長官官房総務課
  • 1981年(昭和56年)4月:通商産業省基礎産業局総務課
  • 1981年(昭和56年)6月:通商産業省基礎産業局製鉄課
  • 1983年(昭和58年)4月:長官官房総務課(1983年-1985年オックスフォード大学留学、国際関係論修士課程修了[1]
  • 1986年(昭和61年)6月:経理局会計課予算・決算班
  • 1988年(昭和63年)6月:人事局人事第一課
  • 1989年(平成元年)9月:防衛局防衛課総括班長
  • 1991年(平成3年)5月:(兼)防衛局防衛課政策班長
  • 1991年(平成3年)11月:長官官房総務課(秘書官事務取扱)
  • 1992年(平成4年)12月:長官官房総務課国際室長
  • 1993年(平成5年)7月:長官官房企画官(兼)装備局管理課
  • 1995年(平成7年)8月:長官官房秘書課(米国 Atlantic Council[2]
  • 1996年(平成8年)7月:装備局武器需品課長
  • 1997年(平成9年)7月:装備局艦船武器課長
  • 1998年(平成10年)6月:防衛施設庁施設部施設企画課長
  • 2000年(平成12年)6月:長官官房広報課長
  • 2002年(平成14年)8月:長官官房秘書課長
  • 2004年(平成16年)7月:那覇防衛施設局長
  • 2006年(平成18年)1月:技術研究本部副本部長
  • 2006年(平成18年)8月:外務省大臣官房審議官
  • 2007年(平成19年)2月:外務省大臣官房
(併)内閣府大臣官房審議官 大臣官房遺棄化学兵器処理担当室長
(併)内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)内閣官房遺棄化学兵器処理対策室長
10月16日:防衛大臣政策参与
3月1日:日本生命特別顧問
12月28日:防衛大臣政策参与退職

その他[編集]

防衛省合気道連合会の会長を務めており、合気道参段[7]

同期入庁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/43926?page=3
  2. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/43926?page=2
  3. ^ 防衛省人事発令(2015年10月1日付内閣承認人事)
  4. ^ 公表資料 平成28年6月28日 防衛省 自衛隊法第65条の11第5項の規定に基づく自衛隊員の再就職状況の報告(平成28年1月1日~同年3月31日分)防衛省
  5. ^ 防衛省発令(政策参与人事)
  6. ^ 防衛省発令 (PDF)”. 2018-10-19. 防衛省. 2018年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月19日閲覧。
  7. ^ 6面(昇段者) CTP/合気道 06面 - PDF
先代:
高見澤將林
防衛省防衛政策局
2011年 - 2013年
次代:
徳地秀士
先代:
金沢博範
防衛事務次官
第30代:2013年 - 2015年
次代:
黒江哲郎