袖ヶ浦フォレストレースウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯35度23分41.81秒 東経140度5分16.83秒 / 北緯35.3949472度 東経140.0880083度 / 35.3949472; 140.0880083

日本の旗 袖ヶ浦フォレストレースウェイ
概要
所在地 千葉県 袖ケ浦市 林字妙法台348-1
オーナー 中村正三郎
運営会社 株式会社 遊ふぎ利
営業期間 2009年 -
収容人数 2000人
主なイベント 走行会など
コース設計者 中村正三郎
レーシングコース
使用期間 2009年9月-
コース長 2.436Km
コーナー数 14
テンプレートを表示

袖ヶ浦フォレストレースウェイ(そでがうらフォレストレースウェイ)は、千葉県袖ケ浦市に位置するサーキット

概要[編集]

2009年平成21年)にオープン。FIA(国際自動車連盟)の規格に従ったコースとして設計され、JAF(日本自動車連盟)公認のサーキットである[1]。 オーナーはかつて法務大臣環境庁長官を歴任し、自らもモータースポーツへの参戦経験が豊富な地元選出の元国会議員中村正三郎で、コース設計も自ら手がけた[2]

全日本格式のレースは開催されておらず、また大規模な観客席も設けられていないが、東京都心部より車で約1時間程度、鉄道で約1時間半程度と、大都市圏の至近に位置するFIA規格の設備が整った本格的サーキットとして、各種走行会や草レース、自動車メーカーメディア向け試乗会を始めとした自動車関連のイベント開催地として人気を博している。

コース[編集]

  • コース長 1周 2,436 m、
  • コーナー 数14、最大R220 m、最小R25 m、最大斜度4.2 %、メインスタンド前直線400 m、斜度0.7 %
  • コース幅員最大18 m(メインスタンド前)、最小 15 m

設備[編集]

交通アクセス[編集]

  • 鉄道でのアクセス
JR久留里線東横田駅または、小湊鉄道上総牛久駅からタクシーで約10分(徒歩1時間)
JR内房線木更津駅または姉ヶ崎駅よりタクシー40分。
  • 車でのアクセス
東京湾アクアラインから圏央道木更津東ICから約10分。
館山自動車道姉崎袖ケ浦ICから約15分。
館山自動車道木更津北ICから約15分。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]