藤花学園尾山台高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金沢龍谷高等学校(かなざわりゅうこくこうとうがっこう)は、石川県金沢市にある西本願寺系の学校法人藤花学園が運営する私立高等学校龍谷総合学園の加盟校である。

概要[編集]

藤花学園尾山台高校時代は設置学校法人名を含めた校名が正式名称であったが、県内マスコミ等においても「尾山台高校」(おやまだいこうこう)と法人名が省略されて表記されることが多かった。また、「おやまだい」や「おやま」と通称されていた。陸上部(特に駅伝競走)など県大会強豪の運動部も過去に存在し、スポーツが盛んであった高校である。2018年4月に校名が金沢龍谷高等学校に改称された。幼稚園を併設している。近年、中学部の新設・併設の議論が持ち上がっている。

沿革[編集]

経緯[編集]

浄土真宗本願寺派金沢別院の輪番石原堅正を創立者とした「尾山中学校」と「藤花高等女学校」が学制改革により同一の学校法人藤花学園を設立し、それぞれ「尾山高等学校」と「藤花高等学校」の時代を経て現校名に改称、金沢市中心部の「南町校舎」より金沢市郊外の「上安原校舎」に校舎を移転し、現在に至る。

年表[編集]

交通[編集]

通学については金沢市近郊より学校通学バスを運行している。また冬期間は冬季チャーターバスとして路線を増やした運行がされている。

著名な関係者[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト/学校の「高等学校テンプレート」を使用しています。