山本大明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 大明
東北楽天ゴールデンイーグルス 2軍用具担当兼ブルペン捕手
Hiroaki Yamamoto, catcher of the Tohoku Rakuten Golden Eagles, at BayStars Stadium.jpg
2011年3月5日 ベイスターズ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大東市
生年月日 (1988-06-10) 1988年6月10日(29歳)
身長
体重
183 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト3巡目
年俸 560万円(2011年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 大明(やまもと ひろあき、1988年6月10日 - )は、大阪府大東市出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年の時、灰塚ソフトボールでソフトボールを、小学5年の時、朋来ビックジュニアで野球を始める。

中学時代は北河内ビクトリーズでプレー。入学時は主に内野手だったが、当時のコーチ(捕手出身)に捕手としての能力を見出されコンバート。楽天同期入団で当時捕手だった田中将大とは、中学時代に対戦の経験がある。

石川県金沢市尾山台高校に進学し、最終学年次は捕手兼主将としてチームを牽引。甲子園を目指すが、地方大会準決勝で遊学館高校に敗れ、ベスト4に終わった。

プロ時代[編集]

2006年の高校生ドラフトにて東北楽天ゴールデンイーグルスより3巡目指名を受け、入団。

2007年、主にイースタン・リーグ チャレンジ・マッチに出場した。二軍公式戦では3試合に出場し、3打席1四球。フェニックスリーグでは三塁手としても出場し、15打数5安打、打率.333。

2008年、二軍で20試合出場、13打数2安打、打率.154。7試合で捕手として出場した。

2013年10月4日に球団から戦力外通告を受け[1]、そのまま現役を引退。

2014年からはチーム統括本部・管理部入りし、2軍用具担当兼ブルペン捕手を務める[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 52(2007年 - 2013年)
  • 120 (2014年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 来季の選手契約に関して楽天球団公式サイト2013年10月4日配信
  2. ^ 組織変更および人事異動に関して東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト 2013年12月27日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]