藤堂高やつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「藤堂高秭」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
 
藤堂高秭
時代 江戸時代後期
生誕 寛政3年4月12日1791年5月14日
死没 嘉永4年2月21日1851年3月23日
改名 揉之助(幼名)、高秭、
冠壺・豊翁・揉斎(法号)
戒名 光徳院殿閑月豊翁大居士
墓所 東京都港区南青山の青山墓地
三重県津市寿町の寒松院
官位 従五位下、佐渡守、造酒正
幕府 江戸幕府
伊勢国久居藩
氏族 藤堂氏
父母 父:藤堂高嶷、母:今津氏娘・智峯院
養父:藤堂高邁
兄弟 菊松、甲、高嶽、順、高兌、穀、睦、挙、高邁、湧、埴、高允木下利徳高愨
高醸高秭、そよ、彩、つれ、絃、延
正室:内藤政韶三女・善姫
整子、細子、石田鉄雄、鈴子、重卯子、
錫子、寅久子、鋤抵若、土井利則
養子:高聴
特記
事項
の読みは「たかかず」ともいわれる
テンプレートを表示

藤堂 高秭(とうどう たかやつ)は、伊勢久居藩の第14代藩主。久居藩藤堂家14代。久居陣屋の主。

生涯[編集]

寛政3年(1791年)4月12日、第7代藩主・藤堂高敦(伊勢津藩の第9代藩主・藤堂高嶷)の十男として生まれる。文政元年(1818年)12月18日に同母兄で第13代藩主の高邁隠居し、高邁の子・高聴が9歳という幼少のため、兄の養子となって家督を継ぎ、12月28日に従五位下・佐渡守に叙位・任官する。

文政4年(1821年)3月20日に久居焼けという大火に見舞われ、直後に旱魃が起こるなどして藩政は悪化した。このため、文政5年(1822年)から藩政改革に着手し、文武の奨励や有能な人材登用に努め、文政6年(1823年)1月には経費節減、文政8年(1825年)に家臣の半知借上、孤児の救済、天保2年(1831年)12月8日に役人の知行を改定するなどしている。これらは成功して財政は再建された。

天保3年(1832年)3月9日、家督を養子の高聴に譲って隠居し、造酒正に遷任する。嘉永4年(1851年)2月21日、江戸で死去した。享年61。

逸話として、高秭の善政を慕った領民が、天保4年(1833年)に250束の薪を献上したといわれている。

系譜[編集]