藤原克巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 克巳(ふじわら かつみ、1953年1月8日 - )は、日本中古文学研究者、武蔵野大学文学部日本文学文化学科特任教授。東京大学名誉教授博士文学)(東京大学、2001年)(学位論文「菅原道真と平安朝漢文学」)論文執筆等では「克己」を用いる。

略歴[編集]

  • 広島県出身[1]
  • 1976年3月 東京大学文学部卒業(国文学専修課程)
  • 1980年3月 東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程博士課程中退
  • 1980年4月 岡山大学教養部専任講師
  • 1984年4月 岡山大学教養部助教授
  • 1989年4月 神戸大学文学部助教授
  • 1998年4月 東京大学大学院人文社会系研究科助教授
  • 2004年4月 東京大学大学院人文社会系研究科教授。2018年定年退任、名誉教授。
  • 2018年4月 武蔵野大学文学部日本文学文化学科特任教授

受賞歴[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.341