藤井達吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤井 達吉(ふじい たつきち、1881年6月6日 - 1964年8月27日)は、近代工芸の革新を志した工芸家、図案家。愛知県出身。戦後は愛知県小原村和紙工芸を振興した。

2008年には碧南市藤井達吉現代美術館が開館した。

略歴[編集]

小原村にあった工房、瀬戸市に移築され茶室として利用されている。

主な文献[編集]

  • 山田光春『藤井達吉の生涯』風媒社 1974年
  • 『藤井達吉作品集』有秀堂 1980年
  • 『藤井達吉の芸術 : 生活空間に美を求めて』(白石和己監修;木本文平, 村田真宏, 松井秀法編集)愛知県美術館 1991年
  • 『藤井達吉展 : 近代工芸の先駆者』東京国立近代美術館/愛知県美術館 1996年
  • 『藤井達吉のいた大正 : 大正の息吹を体現したフュウザン会と前衛の芸術家たち : 碧南市藤井達吉現代美術館開館記念展』(浅野泰子, 土生和彦, 豆田誠路編集)碧南市藤井達吉現代美術館 2008年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]