蓮見音彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蓮見 音彦(はすみ おとひこ、1933年1月29日[1] - )は、日本社会学者東京大学名誉教授。瑞宝重光章受章。

来歴[編集]

東京出身。父は海後宗臣東京大学名誉教授。祖父である蓮見義隆の養子となる。私立武蔵高校卒業、1955年東京大学文学部社会学科卒、1960年同大学院博士課程単位取得満期退学東京女子大学専任講師、1963年助教授、1966年東京学芸大学助教授、1979年教授、1986年東京大学文学部教授、1991年定年前に退官、東京学芸大学学長、1998年和洋女子大学教授、2003年特任教授、2004年学長。1990年宮崎賞受章、1993年福武直賞受賞。2008年瑞宝重光章受勲。

福武直の衣鉢を継いで農村研究を行い、これを地域社会論へと広げ実証研究に成果をあげた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本農村の展開過程』福村出版, 1969
  • 『現代農村の社会理論』時潮社, 1970
  • 『苦悩する農村 国の政策と農村社会の変容』有信堂高文社, 1990

共著・編著[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『人事興信録』1995年

外部リンク[編集]