萩原量吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

萩原量吉(はぎわら りょうきち、1940年(昭和15年)9月25日 - )は、三重県政治家日本共産党所属の三重県議会議員四日市ぜんそく問題に取り組んだ反公害活動家(環境運動家)。日本共産党三重県常任委員。

経歴[編集]

環境活動家[編集]

三重県立高等学校教諭を務める際に、四日市市坂部ヶ丘団地に在住した。当時は地元の四日市市四日市ぜんそくが社会問題化しており、教育委員会に公害対策委員会を設置させるなど、同問題に取り組んだ[1]1971年昭和46年)に三重県議会議員に当選した後も、公害防止条例の改正や公害対策予算の増額に尽力した[2]。同年には『灰色の空をつきやぶれ』を著している。

1990年平成2年)の第39回衆議院議員総選挙1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙に出馬したがいずれも落選した[3][4]。その後は日本共産党三重県委員会副委員長などを歴任した。2003年(平成15年)と2011年(平成23年)の三重県議会議員選挙では落選をした。2007年(平成19年)4月8日の三重県議会議員選挙で返り咲いた(7選)[5]野呂昭彦知事らに対してフェロシルト問題などを追及した[6]2011年(平成23年)4月10日の統一地方選で落選[7]

人物[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 著書の『灰色の空をつきやぶれ』1975年(昭和50年)発行。
  • 『三重県紳士名鑑』株式会社中部企業センター発行。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 萩原量吉さんの三重県議在職25年を祝う会でお話”. 佐々木憲昭オフィシャルサイト (2010年1月17日). 2012年3月17日閲覧。
  2. ^ 私と四日市公害(訴訟)(2003年5月17日時点のアーカイブ
  3. ^ 1990年(平成2年)の衆議院議員選挙結果
  4. ^ 1990年(平成2年)の衆議院議員選挙結果
  5. ^ 5県で県議空白克服”. しんぶん赤旗 (2007年4月10日). 2012年6月6日閲覧。
  6. ^ 堀山清信 (2005年11月10日). “県とフェロシルト問題で交渉”. 2012年6月6日閲覧。
  7. ^ 三重県議 - 候補者・開票情報 - 2011年統一地方選挙・衆院補選”. 朝日新聞社. 2012年3月18日閲覧。
  8. ^ 『三重県紳士名鑑』269頁、株式会社中部企業センター発行

外部リンク[編集]