菊地敦己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菊池敦己から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊地 敦己
(きくち あつき)
生誕 1974年
日本の旗 日本東京都町田市
教育 武蔵野美術大学彫刻科中退

菊地 敦己(きくち あつき、1974年 - )は日本のグラフィックデザイナーアートディレクター[1][2]東北芸術工科大学客員教授。[3]


来歴[編集]

東京都町田市出身。武蔵野美術大学彫刻学科中退。1995年、在学中にネオスタンダードグラフィックス設立。2000年ブルーマーク設立。ブランド計画、ロゴデザイン、サイン計画、エディトリアルデザインなどを手掛ける。とくに美術、ファッション、建築に関わる仕事が多い。[4]

2011年、ブルーマーク解散、株式会社菊地敦己事務所設立。[4]

受賞歴[編集]

  • 2005年 第39回造本装幀コンクール 日本印刷産業連合会会長賞[5]
  • 2006年 JAGDA新人賞[6]
  • 2013年 第44回講談社出版文化賞ブックデザイン賞[7]
  • 2017年 日本パッケージデザイン大賞2017大賞[2]
  • 2018年 JAGDA賞[8]
  • 2018年 原弘賞[9]
  • 2019年 JAGDA賞[10]

主な仕事[編集]

  • 「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」告知物、ブック、エディトリアル[10][9]
  • 「WANOBI」ブック[8]
  • 「亀の子スポンジ」プロダクト、パッケージ[2]
  • 「Sally Scott」[1]
  • 青森県立美術館」VI計画、サイン計画[1]
  • 「大宮前体育館」VI計画、サイン計画[1]
  • 「BOOK PEAK」主宰[4]

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 菊地敦己、服部一成、葛西薫による「三人の装丁」展、9月18日まで”. AFPBB News. 2019年7月2日閲覧。
  2. ^ a b c 亀の子束子西尾商店が「春の限定色スポンジ」 ソメイヨシノをイメージ”. 赤羽経済新聞. 2019年7月2日閲覧。
  3. ^ 教員一覧”. 東北芸術工科大学. 2019年7月2日閲覧。
  4. ^ a b c 個展開催の権利をかけた公募展 第20回グラフィック「1_WALL」展が2月19日(火)より開催!”. 産経新聞. 2019年7月2日閲覧。
  5. ^ 第39回「造本装幀コンクール展」入賞作品”. 造本装幀コンクール. 2019年7月2日閲覧。
  6. ^ JAGDA新人賞 2006”. 日本グラフィックデザイナー協会. 2019年7月2日閲覧。
  7. ^ 講談社出版文化賞 【ブックデザイン賞】 (過去の受賞者一覧)”. 講談社. 2019年7月2日閲覧。
  8. ^ a b “[亀の子スポンジ」プロダクト、パッケージ JAGDA賞 2018]”. 日本グラフィックデザイナー協会. 2019年7月2日閲覧。
  9. ^ a b ADC|WINNERS”. 東京アートディレクターズクラブ. 2019年7月2日閲覧。
  10. ^ a b JAGDA賞 2019”. 日本グラフィックデザイナー協会. 2019年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]

出典[編集]