菅泰男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅 泰男(すが やすお、1915年4月26日 - 2007年6月5日)は、日本の米文学者シェイクスピア文学等が専門。   

略歴[編集]

京都市出身。1939年京都帝国大学文学部英文科を卒業し、同大学院に進学。京都女子大学講師、1949年8月京都大学吉田分校助教授を経て、1953年5月京都大学文学部助教授、1961年7月教授に昇任、1962年「シェイクスピアの劇場と舞台」で京大文学博士。1979年定年退官、名誉教授、甲南女子大学文学部教授、明星大学人文学部教授、大阪府立国際児童文学館館長・理事長を務めた。また、アメリカ学会会長、日本演劇学会副会長、日本英文学会理事等を歴任。それらの功績により、1991年勲三等旭日中綬章、1994年大阪文化賞を受賞、1998年には京都市文化功労者に選ばれた。老衰のため92歳で死去。叙正四位

著書[編集]

  • 『Shakespeareの劇場と舞台』あぽろん社、1963年
  • 『劇と人生』ブレーンセンター 対話講座なにわ塾叢書 1996
共著

翻訳[編集]

記念論文集
  • 『菅泰男・御輿員三両教授退官記念論文集』あぽろん社 1980

論文[編集]

脚注[編集]