荏原哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荏原 哲夫(えばら てつお 1924年 - 1956年2月18日)は、日本ヤクザ会津屋連合会会津家小高一家小高龍湖組長の実子分。北海道札幌市雁来町出身。通称は雁来のバラ

来歴[編集]

荏原の歌[編集]

藤田五郎(小説家)の「北海道やくざ者」(『大侠客』青樹社に収録)には荏原の歌について記述がある。

荏原哲夫は、まったく不思議な男だった。道を歩くときも、人を斬るときも、怪我をして医者の手当てを受けるときも、たえず言葉になっていない歌を唄っていた。口笛を吹くこともある。音痴で、音色も低かったが、不思議と哀感があった。この歌のどこが気に入ったのか、彼は死ぬまで、一つ覚えのその歌を唄い続けていた。

[編集]


荏原哲夫関連の書籍[編集]

荏原哲夫関連の映画・オリジナルビデオ[編集]

参考文献[編集]