柳川組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳川組(やながわぐみ)は、大阪に本部を置いて活動した愚連隊暴力団で、三代目山口組の二次団体。

略歴[編集]

1958年柳川次郎により結成され、翌1959年に柳川が山口組若頭の地道行雄と杯を交わして舎弟となったことで山口組の配下となる。

山口組きっての武闘派として知られ、“殺しの軍団”と呼ばれた。全盛期には傘下に73団体・組員1700名(準構成員含むと約2800名)を抱え、全国1道2府10県に進出。山口組の全国への勢力拡大に貢献した。三代目山口組時代に二次団体でありながら広域暴力団に指定された唯一の組織であった。

第一次頂上作戦の対象とされ、厳しい追及を受けて1969年に解散を宣言、結果柳川次郎谷川康太郎両名は絶縁された。残された構成員は一会章友会藤原会金田組に分割された。

組長の柳川次郎以下、在日朝鮮人が多く所属していたことでも知られる。

歴代組長[編集]

  • 初代(1958年~1964年):柳川次郎 ― 本名「梁元錫」(ヤン・ウォンソク)。三代目山口組若中、元三代目山口組若頭地道行雄舎弟。
  • 2代目(1964年~1969年):谷川康太郎 ― 本名は「康東華」(カン・ドンファ)。三代目山口組若中。

主な出身者[編集]

関連メディア[編集]

書籍[編集]

映像作品[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 飯干晃一『柳川組の戦闘』角川書店<角川文庫>1990年、ISBN 4-04-146425-0 のP.178と溝口敦『山口組ドキュメント 五代目山口組』三一書房、1990年、ISBN 4-380-90223-4 の「五代目山口組本家組織図」

 参考文献 [編集]