范廷ギョク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「范廷鈺」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

范廷鈺(はん ていぎょく、范廷钰、ファン・ティンユ、1996年8月6日 - )は、中国囲碁棋士上海市出身、中国囲棋協会に所属、曹大元門下、九段。新人王戦で最年少優勝(13歳)および3連覇、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦優勝など。穏健な棋風で「少年石仏」、また范蘊若芈昱廷とともに上海棋界の「二飯一米」とも呼ばれる。

経歴[編集]

4歳で囲碁を学ぶ。2004年に劉軼一に師事。2007年に北京で聶衛平道場に学び、曹大元門下となる。2008年初段。2009年、乙級リーグに山東齊魯棋院の曹大元が監督を務める齊魯晩報囲棋倶楽部チームで出場、全国国智力運動会で山東省チームで出場し、青少年個人戦で3位、二段。2010年新人王戦で優勝、リコー杯新秀戦準優勝、三段。2011年新人王戦2連覇、第2回全国智力運動会で、山東省チームで男子団体戦、男子個人戦で優勝。同年54勝20敗で勝率1位。2012年リコー杯囲棋戦ベスト8、BCカード杯世界囲碁選手権、百霊杯世界囲棋オープン戦出場。

2013年応昌期杯で、決勝で朴廷桓を3-1で破り世界戦初優勝、中国棋士の世界戦優勝最年少記録(16歳)、これにより九段昇段し最年少九段となる。2016年農心杯戦に中国チームの先鋒として出場し、新記録となる7人抜きを達成。

甲級リーグでは、2010年には山東景芝酒業チームで出場し、12勝5敗の成績で新秀賞受賞。2011年には愛慕先生チーム主将として14勝6敗で、最優秀主将賞を受賞し賞金6万元を獲得した。

中国棋士ランキングでは2011年24位、2013年8位。

タイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

参考文献[編集]

  • 『2010囲棋年鑑』中国囲棋協会 2011年