クララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
苦参から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
クララ
クララ Sophora flavescens.JPG
Sophora flavescens
福島県会津地方、2008年6月24日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: クララ連 Sophoreae
: クララ属 Sophora
: クララ S. flavescens
学名
Sophora flavescens
Aiton[1]
シノニム

Sophora flavescens Aiton var. angustifolia (Siebold et Zucc.) Kitag.

英名
Shrubby sophora

クララ(眩草、苦参、学名: Sophora flavescens[2])はマメ亜科多年草

和名の由来は、を噛むとクラクラするほど苦いことから、眩草(くららぐさ)と呼ばれ、これが転じてクララと呼ばれるようになったといわれる[3]

分布[編集]

本州四国九州、中国大陸[3]

日当たりの良い草原などに自生する。日本では草原環境が農業形態の変化によって衰退しているため、自生地がかなり減少しており、これのみを食草とするチョウの一種オオルリシジミはかなり希少なものとなっている[4]

特徴[編集]

高さ50-150 cm。一つの長さ2、3センチメートルの小葉15から41枚からなる奇数羽状複葉は、全体が長さ15から25センチメートルになる[3]。花期は6-7月。茎の先に薄黄色の総状花序をつける。数個の種子がさやにおさまる。

全草有毒であり、根の部分が特に毒性が強い。ルピナンアルカロイドマトリンが後述の薬効の元であるが、薬理作用が激しく、量を間違えると大脳麻痺を引き起こし、場合によっては呼吸困難で死に至る。素人が安易に手を出すのは非常に危険である。

利用[編集]

クジン
生薬・ハーブ
原料 クララの根
成分 マトリン
臨床データ
法的規制
識別
KEGG E00082 D06710
別名 苦参

根は、苦参(くじん)という生薬であり、日本薬局方に収録されている。消炎鎮痒作用、苦味健胃作用があり、苦参湯(くじんとう)、当帰貝母苦参丸料(とうきばいもくじんがんりょう)などの漢方方剤に配合される。また、全草の煎汁は、農作物の害虫駆除薬や牛馬など家畜の皮膚寄生虫駆除薬に用いられる。

なお、延喜式には苦参をの原料としたことが記されているが、苦参紙と呼ばれる和紙が発見された例が存在せず、実態は不明である。2010年10月宮内庁正倉院事務所の調査で「続々修正倉院古文書第五帙第四巻」の1枚目は和紙、手触りや色合いが延喜式での工程や繊維の特徴を持ち2枚目は苦参の可能性が高いと判断した[5]

種の保全状況評価[編集]

日本の以下の都道府県で、以下のレッドリストの指定を受けている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sophora flavescens Aiton” (英語). ITIS. 2012年4月11日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年6月28日閲覧。
  3. ^ a b c 木村陽二郎「クララ」、『週刊朝日百科植物の世界』71、朝日新聞社、1995年8月27日発行、13-193頁。
  4. ^ 阿蘇大草原の四季(NHK総合テレビさわやか自然百景)”. NHK (2010年3月7日). 2012年4月11日閲覧。
  5. ^ 読売新聞2010年10月25日13S版35面幻の古代和紙、正倉院に
  6. ^ 日本のレッドデータ検索システム(クララ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年4月11日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]