若嵐武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若嵐 武(わかあらし たけし、1924年6月9日- ?)は、1940年代後半から1950年代にかけて活躍した大相撲力士。現役時代は、西岩部屋(入門時は若松部屋)に所属した。最高位は西前頭18枚目(1951年1月場所)。現役当時の体格は180cm、84kg。得意手は右四つ、吊り、上手投げ。

来歴・人物[編集]

長野県北佐久郡岩村田町(現・同県佐久市大字長土呂出身で、本名は東城 武(とうじょう たけし)である。

16歳の時に上京し、若松部屋(後、西岩部屋に改称)へ入門。1941年1月場所で初土俵を踏み、翌年1月、「若嵐」の四股名序ノ口に付いた。

生まれついての近視であり、それ故に相手から離れての取り口が困難であった。長身の割に細身で、右四つからの吊りや投げを得意とした。

その後、1949年10月場所で新十両に昇進し、1951年1月場所にて新入幕。だが幕内では苦戦を強いられ、2勝13敗と大負けして1場所で十両へ逆戻りとなった。

以降、約4年もの間十両に在ったが上位での大勝ちが無く、再入幕は成らなかった。東十両22枚目で惨敗し、幕下落ちが決定的となった1955年1月場所を以って、30歳で引退(なお、引退時の四股名は、「千曲錦」である)。

その後は暫くの間、年寄・や同・西岩として後輩達を指導していたが、1967年7月場所後に廃業した。

廃業後は、大阪府内の警備会社に勤務したという。

その後、病にかかり亡くなったが、享年と没年月日は判明していない。

主な戦績[編集]

  • 現役在位:36場所
  • 通算成績:193勝209敗 勝率.480
  • 幕内在位:1場所
  • 幕内成績:2勝13敗 勝率.133
  • 各段優勝
    • 幕下優勝:1回(1949年5月場所)

改名歴[編集]

  • 若嵐(わかあらし、1942年1月場所-1945年11月場所)
  • 信濃山(しなのやま、1946年11月場所)
  • 若嵐(わかあらし、1947年6月場所-1952年9月場所)
  • 千曲錦(ちくまにしき、1953年1月場所-1955年1月場所)

年寄変遷[編集]

  • 湊(みなと、1955年1月-1956年5月)
  • 西岩(にしいわ、1956年5月-1967年7月)

関連項目[編集]

参考文献[編集]