芳井敬一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしい けいいち
芳井 敬一
生誕 (1958-05-27) 1958年5月27日(63歳)
日本の旗 日本 大阪府
国籍日本の旗 日本
出身校中央大学文学部
職業大和ハウス工業代表取締役社長CEOCEO

芳井 敬一(よしい けいいち、1958年昭和33年〉5月27日 - )は、日本実業家大和ハウス工業代表取締役社長CEO兼COO、プレハブ建築協会会長、日中建築住宅産業協議会会長。

略歴[編集]

大阪府出身。大阪府立大和川高等学校(現・大阪府教育センター附属高等学校)を経て、中央大学文学部哲学科卒業。高校時代は、ラグビーの大阪市代表チームのキャプテンを務め、中央大学ラグビー部でも活躍、同大学を卒業後、神戸製鋼ラグビー部に入部[1]

神戸製鋼所[2]グループの神鋼海運(現・神鋼物流)を経て、1990年平成2年)に大和ハウス工業入社[3]。神戸建築営業所長をはじめ、姫路支店長、金沢支店長を経験した後、執行役員 海外事業部副事業部長となる。

その後、取締役上席執行役員 海外事業部長、取締役常務執行役員 東京本店長、取締役専務執行役員 営業本部長などを歴任し、健康上の理由で退任した大野直竹の後任として2017年11月1日付で代表取締役社長COOに就任[4]2019年令和元年)6月より現職。

人物[編集]

ロボット、AIで「現場を無人化」[編集]

人手不足が深刻化している建設業界について、「住宅施工現場の無人化プロジェクトを開始しており、相当なコストをかけて進める」方針。すでに若手社員らから約3000のアイデアが集まっており、具体的には「ロボット人工知能(AI)、顔認識技術などを活用して実現を目指す」方針で、施工現場の作業も「8割程度の無人化が可能だと思う」という[5]

休日の過ごし方について、絵画鑑賞と観劇を楽しむ。俳優古田新太のファンで、「劇団☆新感線の『髑髏城の七人』は花鳥風月、全部観ました」[6]

2018年からプレハブ建築協会会長[7]2020年日中建築住宅産業協議会の会長も務めている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

関連項目[編集]

先代:
大野直竹
大和ハウス工業社長
2017年 -
次代:
(現職)
先代:
樋口武男
プレハブ建築協会会長
2018年 -
次代:
(現職)
先代:
張本邦雄
日中建築住宅産業協議会会長
2020年 -
次代:
(現職)