芝山幹郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芝山 幹郎(しばやま みきお、1948年 - )は、日本の翻訳家随筆家評論家詩人

略歴[編集]

石川県金沢市生まれ。東京大学文学部仏文学科卒業。詩集『晴天』(書肆山田1972年)で詩壇に登場し、後に翻訳、評論の分野で精力的な活動を行う。

スポーツ、映画にも造詣が深く、1993年から2000年まで「キネマ旬報」に「オールモスト・クール」を、2000年から2009年1月まで日本経済新聞土曜版に「今週の1本」を連載したほか、「月刊メジャー・リーグ」、「週刊サッカーマガジン」などにも随筆や評論を掲載している。

著訳書[編集]

著書[編集]

  • 晴天 書肆山田 1972
  • 映画は待ってくれる 中央公論社 1998
  • アメリカ野球主義 晶文社 1998
  • 大リーグ二階席 晶文社 2005
  • 映画一日一本 DVDで楽しむ見逃し映画365 朝日新聞社 2005 (朝日文庫)
  • アメリカ映画風雲録 朝日新聞出版 2008
  • 映画は遊んでくれる 清流出版 2010
  • 今日も元気だ映画を見よう 粒よりシネマ365本 KADOKAWA/角川マガジンズ 2014(角川SSC新書)
  • 映画西口東口 Pヴァイン 2015

編著・共著[編集]

  • アメリカンカルチャ― ’45―50’s 1:日本の戦後にとってアメリカとは 編著 三省堂 1981
  • アメリカンカルチャ― 60’s 2 : 日本の戦後にとってアメリカとは 編著 三省堂 1981
  • アメリカンカルチャ― 70’s 3 : 日本の戦後にとってアメリカとは 編著 三省堂 1981
  • 新・イチロー伝説 ロバート・ホワイティングとの共著, ベースボール・マガジン社 2009 (ベースボール・マガジン社新書)

訳書[編集]

外部リンク[編集]