舟橋 (富山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
富山県道208号標識
舟橋
六十余州名所図会『越中 冨山船橋』
六十余州名所図会『越中 冨山船橋』
基本情報
日本の旗 日本
所在地 富山県富山市
交差物件 松川
建設 1989年
座標 北緯36度41分39.5秒 東経137度12分27.5秒 / 北緯36.694306度 東経137.207639度 / 36.694306; 137.207639
構造諸元
全長 18 m
地図
舟橋 (富山市)の位置
舟橋 (富山市)の位置
舟橋 (富山市)の位置
舟橋 (富山市)の位置
舟橋 (富山市)の位置
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

舟橋(ふなはし)は、富山県富山市松川にかかる富山県道208号小竹諏訪川原線江戸時代には神通川に架かる日本一の船橋(舟橋)として著名になる[1]1998年平成10年)には日本百名橋に選定されている。

橋の歴史[編集]

船橋時代[編集]

越中富山の城下町富山城)の北側を蛇行しながら流れる神通川の橋として、隠居し富山城を居城とした加賀前田家2代前田利長1606年慶長11年)に舟の上に板を渡して人馬を通した。それ以前は街道を北側(左岸)から城下町の北東部(右岸)へ渡し船で行き来していたが、船橋が架けられたことで街道が町中を通ることとなり、これにより町は西側も発展し再開発が進み拡大した。藩主が前田利次の時代になると、以前よりやや上流側に架け替えられ1882年明治15年)まで継続された。江戸中期には長さが約430mもあった。

船橋は両岸に鎖杭という太さ4尺(約1.2m)、地上部分の長さ1丈5尺(約4.5m)もある欅の柱をそれぞれ2本立て、太い鉄(一つ長さ約25cm)を両岸より渡し、その鎖に長さ6間余(約10.8m)、幅6尺2寸(約1.9m)、深さ1尺7寸5分(約53cm)の舟を64艘浮かべ繋ぐ。鎖は中央で鍵で繋ぎ碇をつけて川底に固定した。舟の上には長さ5間2尺(約9.6m)、幅1尺2寸以上(約36cm)、厚さ3寸(約10cm)の板を4列で32枚を掛け、大水のときには規定水位を超えると鍵を外して橋を切り離し流失を防いだ。また橋を切り離し再び繋ぐまでは渡し船を出していた。なお後に、板は7列に、鎖は1649年慶安2年)以降、雄雌2条の鎖に変更されている。

江戸時代には他所にも舟橋はあり、福井には長さ約218mの九頭竜川舟橋(越前舟橋・現九頭竜橋)、盛岡北上川には長さ約200mの新山舟橋(南部舟橋・現明治橋)などがありそれぞれ図会(ずえ)が残されており、いずれの橋もほぼ真っ直ぐに描かれている。しかし日本屈指の急流であり、春には特に水量が増え川幅も広い神通川の船橋は、初代歌川広重が「六十余州名所図会」に「冨山船橋」として描くなど、多くの浮世絵などの図会が制作されているが、いずれの図会も川の流れにより大きく下流側に弧を描く橋が描かれており、そのダイナミックな姿や、「東遊記」など多くの紀行文などが他国に紹介されたことにより、城下町の中央を流れる日本一の船橋として、また奇観として全国に知られることとなり、立山と共に越中名所の一つとなった。

神通橋時代以降[編集]

1882年(明治15年)12月、船橋にかわる木製の橋(幅4間〔7.2m〕、長さ127間〔228.6m〕)が完成するが、舟橋という橋の名前は残った。その後神通川の流路が付け替えられ、松川の橋となり現在に至ることとなる。

現在の橋は1989年(平成元年)9月に完成。橋長は18mで、往時の船橋をモチーフとした2艘の舟部分がバルコニーとなった橋となっている。また、歩道は木目調で舟に板を渡したイメージのものとし、橋全体が船橋の面影を忍ぶデザインとなっている。なお、橋の周辺には現在も舟橋北町・舟橋南町という町名が残っているほか、松川には、松川遊覧船が運航されており舟橋の下もくぐる。

常夜燈[編集]

旧船橋の両岸(今の舟橋の南岸および北に200mほど離れた場所)には橋のしるべを示す常夜燈1799年建)があるが、富山大空襲の際の焼夷弾により一部が破損している。

船橋体験[編集]

毎年9月の第3日曜日には富岩運河環水公園にて、鎖でボート9艘(長さ 約15.4m)を繋ぎ板を渡して、実際に渡る体験イベントを行っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『源貞氏耳袋』第8巻8、13頁
  2. ^ 「揺れる船橋体験 富岩運河環水公園」北日本新聞 2015年9月21日26面

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「源貞氏耳袋」刊行会・編集、吉田正志・監修『源貞氏耳袋』8、2007年
  • 『特別展 街道を歩く –近世富山町と北陸道』(富山市郷土博物館2011年(平成23年)9月17日発行
  • 『富山の橋 THE BRIDGES OF TOYAMA』(富山県土木部道路課)2012年(平成24年)発行

外部リンク[編集]