舎人駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
舎人駅
Toneri Station.jpg
駅舎
とねり
Toneri
NT 11 舎人公園 (1.0 km)
(1.0 km) 見沼代親水公園 NT 13
所在地 東京都足立区舎人一丁目16-15
駅番号 NT12
所属事業者 東京都交通局
所属路線 日暮里・舎人ライナー
キロ程 8.7 km(日暮里起点)
電報略号 舎(駅名略称)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
8,733人/日
-2019年-
開業年月日 2008年平成20年)3月30日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム
改札口

舎人駅(とねりえき)は、東京都足立区舎人一丁目にある、東京都交通局日暮里・舎人ライナーである。難読駅として知られている。駅番号NT 12[2]

歴史[編集]

駅名について[編集]

建設時の仮称も舎人駅だったが[3]、正式な駅名を決めるにあたって公募が行われた。その結果1位は720票の足立入谷駅で、2位の舎人駅は254票と圧倒的な差をつけられた[4]入谷とは、当駅の西側の地名で、古くからある名前であり、首都高速川口線の出入口名(足立入谷出入口)にもなっている。しかし、駅所在地が舎人一丁目であることなどから、足立区は仮称通りの「舎人」駅を推薦順位第1位とし、2006年11月13日に正式決定した。同じく公募結果に大差があって名称変更された西新井大師西駅とは対照的である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 NT 日暮里・舎人ライナー 見沼代親水公園方面
2 日暮里方面

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員8,733人(乗車人員:4,386人、降車人員:4,347人)である[5]。日暮里・舎人ライナー全13駅中9位。

開業以来の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[6]
年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員[8]
出典
2008年(平成20年) 3,954 1,955 [* 1]
2009年(平成21年) 4,642 2,334 [* 2]
2010年(平成22年) 5,049 2,539 [* 3]
2011年(平成23年) 5,426 2,724 [* 4]
2012年(平成24年) 5,689 2,863 [* 5]
2013年(平成25年) 6,190 3,113 [* 6]
2014年(平成26年) 6,302 3,323 [* 7]
2015年(平成27年) 7,006 3,519 [* 8]
2016年(平成28年) 7,370 3,698 [* 9]
2017年(平成29年) 8,173 4,109 [* 10]
2018年(平成30年) 8,513 4,275 [* 11]
2019年(令和元年) 8,733 4,386

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は、舎人駅入谷一丁目中入谷となる。以下の路線が乗り入れ、国際興業東武バスセントラル東京都交通局により運行されている。

舎人駅
  • 川14・川14-2系統:川口駅東口行(国際)
入谷一丁目
  • 里48系統:日暮里駅行/見沼代親水公園駅行(都営)
  • 竹08系統:放射11号循環竹の塚駅西口行(東武)
  • 川14系統:川口駅東口行(国際)
中入谷
  • 竹01系統:入谷循環竹の塚駅西口行(東武)
  • 竹02系統:入谷舎人循環竹の塚駅西口行(東武)
  • 西03系統:西新井駅行/流通センター行(東武)
  • 里48系統:日暮里駅行/見沼代親水公園駅行(都営)
  • 川14系統:川口駅東口行(国際)

隣の駅[編集]

東京都交通局
NT 日暮里・舎人ライナー
舎人公園駅 (NT 11) - 舎人駅 (NT 12) - 見沼代親水公園駅 (NT 13)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “日暮里・舎人ライナー開業予定日決定! 〜平成20年3月30日(日)〜” (日本語) (プレスリリース), 東京都建設局/東京都都市整備局/東京都地下鉄建設/東京都交通局, (2007年10月1日), オリジナルの2007年10月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071009053820/http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/others/2007/otr_p_200710011_h.html 2020年5月2日閲覧。 
  2. ^ “東京さくらトラム(都電荒川線)及び日暮里・舎人ライナーに「駅ナンバリング」を導入いたします” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京都交通局, (2017年11月16日), オリジナルの2019年1月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190119174432/https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2017/tdn_p_20171116_h_01.pdf 2020年5月2日閲覧。 
  3. ^ “新交通システム「日暮里・舎人線」(仮称)路線名・駅名決定!” (日本語) (プレスリリース), 東京都地下鉄建設/東京都交通局, (2006年11月13日), オリジナルの2008年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080501062845/http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/nippori_toneri/2006/ntl_p_200611132_h.html 2020年6月6日閲覧。 
  4. ^ 日暮里・舎人ライナー 駅名(地名)の由来及び駅名称公募時の推薦理由”. 足立区 (2006年11月29日). 2010年8月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年3月30日閲覧。
  5. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
  6. ^ 数字で見る足立 - 足立区
  7. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  8. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]