自衛隊日報問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自衛隊日報問題(じえいたいにっぽうもんだい)は、自衛隊海外派遣部隊がイラク南スーダンで日報をとりまとめていたにもかかわらず、防衛省自衛隊が日本国民や国会に対してその存在を隠蔽していた疑惑のある一連の問題である。

経緯[編集]

2016年、南スーダンPKO日報問題の生起[編集]

2016年9月30日ジャーナリスト布施祐仁は、自衛隊南スーダン派遣部隊が作成した日報について、防衛省に情報開示請求をおこなった[1]。同年12月2日、防衛省は布施に対し「日報はすでに廃棄しており文書不存在につき不開示」を通知[1]。布施は12月10日ツイッターで不存在の回答について発信したところ、急速に拡散し疑問が示された[1]自由民主党行政改革推進本部河野太郎防衛大臣稲田朋美が日報の存否の再調査を求め、12月26日統合幕僚監部に電子データとして残っていることが判明した。

2017年、南スーダンPKO日報の公表[編集]

2017年1月20日に開会した第193回国会では情報隠蔽や文民統制をめぐる懸念からこの問題がたびたび追及された。1月27日データの存在が防衛大臣に報告され、2月7日防衛省は日報の存在を公表した[2]

2017年7月28日、防衛大臣稲田朋美は引責辞任し、特別監察結果を公表、陸上自衛隊が日報を開示せずデータを削除したとして、組織的な隠蔽を認定した[3]防衛事務次官黒江哲郎停職4日、陸上幕僚長岡部俊哉は減給1カ月とされ、いずれも引責辞任するなど、幹部5人が処分された[4]

2018年、イラク派遣日報の公表[編集]

2018年4月2日、防衛大臣小野寺五典は、前年の第193回国会で不存在と答弁していた自衛隊イラク派遣時の陸上自衛隊の日報のべ376日分約14000ページが見つかったと発表した[5][6]4月6日には、航空自衛隊でもイラク派遣時の日報3日分3ページ分を保有していることが公表された[6]4月9日、2017年の特別監察の対象外であった本省情報本部で南スーダンPKO日報1年分以上を保管していることが明らかにされた[7]

2019年、日報問題発生せず[編集]

防衛大臣に岩屋毅が就任してからというもの、野党からの熱心な追及は潮が引くように終息した[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]