脇明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

脇 明子(わき あきこ、1948年2月6日 - )は、日本の英国ファンタジー研究者・翻訳家ノートルダム清心女子大学名誉教授

祖母は北原白秋門下の歌人脇須美。母の脇和子とは絵本の共著がある。夫は児童文学研究者、翻訳者の歌崎秀史

略歴[編集]

香川県出身。 香川県立高松高等学校を経て、1971年東京大学教養学科科学史科学哲学専修卒業、同大学院比較文学比較文化専修に進み、修士論文として泉鏡花論を『幻想の論理』として刊行。 その後はデ・ラ・メアル=グウィンなど英語圏のファンタジーに専門を移行し、翻訳を多く刊行している。ノートルダム清心女子大学助教授、教授を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『幻想の論理 泉鏡花の世界』(講談社現代新書) 1974、のち増補版(沖積舎) 1992
  • 『ファンタジーの秘密』(沖積舎) 1991、のち新装版 1993・2004
  • 『読む力は生きる力』(岩波書店) 2005
  • 『魔法ファンタジーの世界』(岩波新書) 2006
  • 『物語が生きる力を育てる』(岩波書店) 2008
  • 『少女たちの19世紀 人魚姫からアリスまで』(岩波書店) 2013
  • 『読む力が未来を開く 小学生への読書支援』(岩波書店) 2014 

共著・編著[編集]

  • 『あたごの浦 讃岐のおはなし』(脇和子共著、大道あや絵、福音館書店こどものとも年中向き) 1984 - 絵本
    • 『あたごの浦 - 讃岐のおはなし』(こどものとも傑作集) 1993
  • 『おかぐら』(小野かおる絵、福音館書店) 1996 - 絵本
  • 『自分を育てる読書のために』(小幡章子共著、岩波書店) 2011
  • 『子どもの育ちを支える絵本』(編著、岩波書店) 2011

翻訳[編集]

ウォルター・デ・ラ・メア[編集]

  • 『魔女の箒』(ウォルター・デ・ラ・メア国書刊行会世界幻想文学大系10) 1975
  • 『アーモンドの樹』(ウォルター・デ・ラ・メア、橋本治絵、牧神社) 1976
  • 『まぼろしの顔』(デ・ラ・メア、牧神社) 1976
  • 『アリスの教母さま』(デ・ラ・メア、牧神社) 1976
  • 『ムルガーのはるかな旅』(デ・ラ・メア、ハヤカワ文庫FT◆) 1979、のち岩波少年文庫 1997
  • 『九つの銅貨』(デ・ラ・メア、福音館書店) 1987
  • 『ノウサギとハリネズミ』(W・デ・ラ・メア再話、福音館書店、ランドセルブックス、イギリスの物語) 2013

ジョージ・マクドナルド[編集]

  • 『お姫さまとゴブリンの物語』(ジョージ・マクドナルドモーリス・センダック絵、岩波少年文庫) 1985、のち新版 2003
  • 『カーディとお姫さまの物語』(マクドナルド、モーリス・センダック絵、岩波少年文庫) 1986、のち新版 2003
  • 『かるいお姫さま』(マクドナルド、モーリス・センダック絵、岩波少年文庫) 1995、のち新版 2005、のち岩波書店 2020
  • 『金の鍵』(マクドナルド、モーリス・センダック絵、岩波少年文庫) 1996、のち岩波書店 2020
  • 『北風のうしろの国』上・下(ジョージ・マクドナルド、岩波少年文庫) 2015

ルース・エルウィン・ハリス[編集]

  • 『丘の家のセーラ』(ルース・エルウィン・ハリス、岩波書店、ヒルクレストの娘たち1) 1990
  • 『フランセスの青春』(ハリス、岩波書店、ヒルクレストの娘たち2) 1991
  • 『海を渡るジュリア』(ハリス、岩波書店、ヒルクレストの娘たち3) 1992
  • 『グウェンの旅だち』(ハリス、岩波書店、ヒルクレストの娘たち4) 1995

参考記事[編集]

  • 『現代日本人名録』 2002