置塩章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

置塩 章(おしお あきら、 1881年明治14年)2月6日 - 1968年昭和43年)10月20日[1]は、大正から昭和初期に関西で活躍した建築家である。公共建築物を多く手がけ、ネオ・ゴシック様式を好んだ。

経歴[編集]

兵庫県庁在職時の1921年にデザインした兵庫県徽章

1881年明治14年)に、置塩藤四郎の長男として静岡県島田市に生まれる。1910年(明治43年)に東京帝国大学工科大学造家学科(建築学科)を卒業、陸軍技師として陸軍省に入る。第四師団大阪市)経理部に配属となり、第四師団管轄下の営繕全てにたずさわる。その後、1916年大正5年)に大阪砲兵工廠の勤務となる。1920年(大正9年)都市計画法施行に伴い、技師増強のため兵庫県庁に移り、都市計画地方委員会技師、内務部営繕課長等を歴任。兵庫県徽章のデザインを行った他[2]、県会議事堂、警察署、学校など多くの施設の設計を指導した。1921年(大正10年)に欧米各国を視察した。

1928年昭和3年)に兵庫県庁を依願退職し、置塩章建築事務所を開設、神戸を拠点に、全国からの設計依頼に応えた。また、神戸高等工業学校(現・神戸大学工学部)の講師も務めた。

1952年(昭和27年)3月から1955年(昭和30年)6月まで兵庫県建築士会の初代会長を務めた。また、兵庫県建築会会長、日本建築士連合会理事、兵庫県文化財審議会委員、都市計画兵庫地方審議会委員なども歴任した。1952年(昭和27年)兵庫県文化賞、兵庫県建築功労者賞、1958年(昭和33年)藍綬褒章を受章。

主な作品[編集]

エピソード[編集]

置塩は、大の歴史好きであり、興味を寄せていたことの1つに難波宮の所在地の探求がある。

陸軍第四師団技師時代の1913年(大正2年)1月、大阪城外堀南の法円坂に陸軍被服廠倉庫が建設された際に、地下約9尺(約2.7メートル)の地点に古瓦包含層を発見し、蓮華文・重圏文の古瓦を発掘した。この発見に基づき、置塩はこの周辺に難波宮が必ずあるとの確信を持つ。その際、「このまま70の年までは建築家でとおし、そのあと考古学を勉強して、きっとこの瓦にものをいわせてみせる」との思いを抱いたという。

置塩は大阪市民博物館[3]に在籍していた山根徳太郎にそれらの古瓦を見せて識見を求めている。山根はこれに大いに注目したが、発掘場所は陸軍用地のために民間の調査が不可能であったため、正式な学術調査が行われたのは第二次世界大戦後のことであった。1952年から発掘調査が始まり、1961年には難波宮大極殿跡が発見され、置塩の確信が正しいことが証明された。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『関西の近代建築』(著:石田潤一郎、刊:中央公論美術出版、ISBN 978-4805508268、1996年11月)p81では没年が「1965年」、読み方が「おお あきら」となっているが、『兵庫県大百科事典(上巻)』(発行:神戸新聞出版センター ISBN 978-4875211007、1983年10月)では「昭和43年(1968年)没」読みは「おお あきら」となっており、『建築と社会 = Architecture and society』第49集12号(1968年12月号)(発行:日本建築協会、1968年12月[1])には「1968年(昭和43年)10月20日没」との訃報が掲載されている。
  2. ^ 国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年)、212ページ。
  3. ^ 後の大阪市立博物館の前身

関連項目[編集]

外部リンク[編集]