總願寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
總願寺(そうがんじ)
Sogan-ji Kazo Saitama 01.jpg
不動堂
所在地 埼玉県加須市不動岡2-9-18
位置 北緯36度8分8.4秒
東経139度35分7.4秒
座標: 北緯36度8分8.4秒 東経139度35分7.4秒
山号 玉嶹山
宗派 真言宗智山派
本尊 不動明王
創建年 1616年元和2年)
正式名 玉嶹山 不動院 總願寺
別称 不動ケ岡不動尊
札所等 関東三十六不動尊霊場30番
法人番号 2030005005114
テンプレートを表示

總願寺(そうがんじ)は、埼玉県加須市にある真言宗智山派寺院である。「不動ヶ岡不動尊總願寺」とも呼ばれる。山号は玉嶹山(ぎょくとうさん)。本尊は智証大師作と伝わる不動明王関東三十六不動尊霊場の一つ(第30番)で、関東三大不動の一つに数えられることもある。開運、商売繁盛、火防を守護とする。

歴史[編集]

元和2年(1616年)に總願上人によって開基された。

文化財[編集]

所蔵品として、行田忍城の北谷門から移築された総作りの「黒門」(加須市指定有形文化財)、徳川吉宗の頃とされる奉納品「倶利迦羅不動剣」などの歴史的文化資産も有する。他に、「吽形」・「阿形」、「散蓮華模様板石塔婆」、「山車と蘭陵王面」など。

行事[編集]

例年、350年以上の歴史を持つ「節分会・鬼追い豆まき式」、約160年前から行われている秋季大祭「柴燈護摩火渡り式」なども行われている。 毎月第4日曜日には、関東骨董業者による骨董市が開かれている。

節分会[編集]

節分会は「せつぶんえ」と読む。稚児練供養、消防音楽隊による演奏、大護摩供、鬼追い豆まき式、加須鳶組合による梯子乗り、市内小・中学校の児童生徒による武州加須囃子、不動岡高等学校吹奏楽部による演奏が行われる。鬼は長さ3m、重さ25kg大松明を持って振り回し、数万人が訪れる。力士芸人も祭りに出演する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]