関東三大不動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関東三大不動(かんとうさんだいふどう)とは、征夷大将軍が支配していた歴史の有る関八州における3つの不動明王を本尊とする寺院の総称。

概要[編集]

成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)、高幡山金剛寺(たかはたさんこんごうじ)は古くから数えられていたが[1]、3つめにはいくつかの説がある。

[編集]

例1[1]
例2[2][3][4]
例3[5][6][7]
  • 成田山新勝寺(成田不動尊)千葉県
  • 高幡山金剛寺(高幡不動尊)東京都
  • 高貴山常楽院(高山不動尊)埼玉県
例4[8][9]
  • 成田山新勝寺(成田不動尊)千葉県
  • 高幡山金剛寺(高幡不動尊)東京都
  • 大聖寺(大相模不動尊)埼玉県越谷市

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 中村稔『中村稔著作集: 紀行・文学と文学館』青土社、2005年、252頁。ISBN 978-4791791552
  2. ^ 戸部民夫「相模大山」『起源からご利益まで! 「日本の霊山」がよくわかる本』PHP研究所、2016年。ISBN 978-4569765327
  3. ^ 『東京地名小辞典』三省堂編修所編、三省堂、1974年、102頁。NCID BN02940534
  4. ^ 中村規『民俗東京の祭り』鷹書房、1980年、58頁。NCID BA31885438
  5. ^ 『るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’15』JTBパブリッシング、2014年、59頁。ISBN 978-4533098895
  6. ^ 『朝日現代用語知恵蔵』朝日新聞社、1995年、276頁。ISBN 402350095X
  7. ^ 山本正三, 新井正『日本の地誌: 首都圈 I-II』朝倉書店、2009年、460頁。ISBN 978-4254167658
  8. ^ 種智院大学密教学会『総覧不動明王』大本山成田山新勝寺、1984年、244頁。NCID BN05873444
  9. ^ 越谷市 市史編纂室『越谷市史: 通史』2、越谷市役所、1977年、258頁。全国書誌番号:77004898