素盞嗚神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

素盞嗚神社素戔嗚神社素盞鳴神社(すさのおじんじゃ)は、牛頭天王スサノオを祭神とする祇園信仰の神社。日本各地にある。2文字目が「盞」でなく「戔」に、3文字目が「嗚(口に烏)」でなく「鳴(口に鳥)」となっている神社も多い。他に祇園信仰に基づく神社名称としては、八坂神社(八阪神社・弥栄神社)、祇園神社広峯神社天王神社八雲神社須賀神社があり、時代や資料によって通用される。

スサノオは、素盞雄、須佐男、須佐之男、進雄などとも書き、ミコト(命、尊)を加えることもある。

これらの神社は、江戸時代までは牛頭天王社と称され、牛頭天王を祭神としていた。総本社は京都の八坂神社または兵庫県姫路市の広峯神社である。

主な素盞嗚神社[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

静岡県
  • 須佐男神社(静岡県牧之原市) – 旧郷社、式内社論社
愛知県

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

九州地方[編集]

関連項目[編集]